「雑  記」
烏のおぼえ書き

烏のおぼえ書き~其の二百二十・関東大震災後の東京の図書館・国立&私立編

 ←拍手お返事&免許更新\(^o^)/ →vague~誘拐犯・其の肆
先週に引き続き東京にあった図書館を取り上げますが、今回は国や宮内省、そして私立の図書館や大学の図書館を取り上げさせていただきます(*^_^*)
時期は前回と同じ昭和4年、震災の5年後くらいなんですが今回紹介する図書館は元々場所が良かったのか、それとも防火対策がなされていたのか殆ど被害を受けていないようで・・・もしよろしかったら市立図書館と比較してもらえるとありがたいかもで(*´ω`*)

◆帝国図書館
現代の国会図書館の前身なのか、または違うタイプの図書館なのかは定かではありませんが、文部省直轄の図書館です。
約67万冊という、日本一の蔵書冊数を持ち、閲覧人数1100名の収容も可能だったといわれる文字通り日本一の図書館だったとか・・・。しかし同時期のパリ国立図書館(約500万冊)やロンドン大英博物館文庫(約500万冊)、ワシントン府議員図書館(約440万冊)に比べるとかなり見劣りが(´・ω・`)たぶん『これから増やす!』過程だったんじゃないかと思われます(๑•̀ㅂ•́)و✧

◆大橋図書館
博文館主・大橋新太郎氏が蔵書を提供していた私立図書館。近代式建築の最新鋭の図書館だったらしい・・・でも閲覧者は主として学生児童だったそうです(*^_^*)震災で小学校の図書館が被害を受けている中で、こういった図書館を提供してくださる方はありがたいですよね(*´ω`*)しかも蔵書が5万冊!大きな市立図書館でも1万冊くらいしか無かった時期にこの規模の図書館を子どもたちが使えるのは本当に素晴らしいです(≧∇≦)/
(今和次郎氏も帝国図書館の次にこの図書館を紹介していたくらいですので、相当なものだと思われます。戦前の男は教育に対する男気がかなり強かった気がする^^)

◆東洋文庫
こちらは現代でも有名ですよね~( ̄ー ̄)岩崎男爵家の所蔵文庫を財団法人として提供したものです。そしてこちらにはロンドン・タイムス支那特派員だったモリソン氏が収集した東洋関係の貴重な文献2万4千冊&図表1千枚も所蔵されているとのこと。それ故当時日本を訪れる海外名士は必ずこちらの図書館を訪れたとのことです。確かに自分達が読める文献が確実にある図書館で貴重な文献があれば間違いなく足を伸ばすかも・・・。

◆南葵音楽図書館
徳川頼貞侯の南葵文庫の中で特に音楽に関する珍しい文献だけをまとめて公開したもの。研究者たちにとって非常にありがたい資料だったそうですが、徳川家って本当に多趣味というか何というか・・・幕府が無くなってからは文化的発展にかなり寄与しているんじゃないかと思われます(^_^;)


実はこれが一番中身が見たい図書館かもしれない(^q^)皇室関係の秘典25万冊を蔵していた、鉄筋コンクリート3階建、近代建築の図書館です。因みに工費は50万円かかったとのことなんですが、次に書く東大図書館や、次回取り上げる博物館の建築費用に比べるとかなり格安・・・1/10ほどの価格なんですが(^_^;)皇室割引とかあったわけじゃないですよね(^_^;)
なおこちらの図書館は勿論非公開。本とは言え御物であることには代わりありませんからねぇ。庶民が迂闊に手に取ることは現代でも難しいですから、当時は尚更だったと思われます。

◆東京帝大図書館
日本国内最高学府の頂点だけに、規模、内容の充実、設備は(大学附属図書館では)東洋一とも云われていたようです。
というのもこの東大図書館、震災復興で立て直し&蔵書の寄贈をかなり受けていたようで(゚∀゚)ロックフェラー財団からの寄贈400万円&国庫支出金150万円、合計550万円をもって建築&書籍の書い直しを行い、世界各国の学会から数十万冊の寄贈を受けて書庫を充実させたとか・・・。それでも元々73万冊あった書籍がやっと60万冊までに復活したという状況だったそうです。

ざくっ、と見てきましたが、皇族・華族の方々が所有していた本は震災でも無事だったというのは興味深いものがありますね。やはり先祖代々伝わってきたものを簡単に失うわけには行かないと、きっちり保存されていたのでしょう。
その一方、東大では一旦は全部焼けてしまったようで・・・この書籍の消失で人々は多くのものを学んだのでしょう。どこの自治体も旗艦図書館はかなりお金をかけてしっかりとした作りとなっております。多分ちょっとやそっとの地震じゃ崩れない程度に・・・先日お友達のコメントで教えて頂いたのですが、3・11の際、国会図書館では『ここは頑丈に作られているので安心してください』とのアナウンスがあったそうです。
図書館に収められた本はどれも宝物(*^_^*)軍事費にお金をかけるんだったら図書館にお金をかけていただきたいものです(๑•̀ㅂ•́)و✧

次回更新は8/8、博物館を取り上げる予定です(#^.^#)




【創作関連】
東大にもロックフェラー財産からとんでもない金額の寄付が・・・しかも世界中の学会から寄贈本があったとは(゚∀゚)これは自分で書くというよりはドキュメンタリー番組で構成していただきたいかもしれません(*´艸`*)きっと当時寄贈された学会誌の一冊二冊くらいは残っているかもしれないし(しかし空襲で焼けている可能性もあるか・・・(-_-;))
自分が書くとしたら大橋図書館かなぁ。色々な種類の図書館がある中、敢えて学生児童中心の図書館にしたのか、その心情が気になります((o(´∀`)o))
あと宮内省図書寮の中身を単純に覗きたい(^q^)覗けなくてもタイトル目録だけでもご飯3杯は行けそうな気がする(おいっ)
しかし御物の御刀さえ実物展示はもとより最新グラビアさえ流出されることがない御物、書物は更に難しいだろうなぁ(´・ω・`)



【参考・引用文献】
新板 大東京案内 下(今和次郎 編纂 ちくま学芸文庫)


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ 
INランキング参加中v
ご協力の程、よろしくお願い致しますm(_ _)m
 お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【拍手お返事&免許更新\(^o^)/】へ  【vague~誘拐犯・其の肆】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【拍手お返事&免許更新\(^o^)/】へ
  • 【vague~誘拐犯・其の肆】へ