「Twitter小説」
鉄ヲタ夫と歴女妻の鉄道オタク旅

鉄ヲタ夫と歴女妻の鉄道オタク旅~国宝・松本城2

 ←夏虫~新選組異聞~ 第十一章第二十六話 函館総攻撃・其の貳 →拍手お返事&『う』の付くものなら何でも良いはずですよね、土用の丑の日(゚∀゚)
表向きは当時のままでも、城内は見学しやすいように現代風に改築されている城が多い中、流石に国宝だけあって松本城内部はほぼ当時のままだった。当時使用されていた槍鉋の跡も生々しく残っており、思わず私は手でさすってしまう。そう、ここは『触れられる国宝』なのだ。
他に観光客がいなければ柱に頬ずりくらいしていたかもしれない。だがそんなテンションMAXの私を無視するかのように、旦那は早々に見学順路の階段を上り始めた。国宝触り放題という貴重体験が出来るというのに、旦那は至って素っ気ない。多分この価値が解っていないのだろう。
仕方なく私も階段を上り始めるが、勿論この階段も建築当時のままである。文化財としては貴重なものであるし、後世に残していかねばならないものだが、これがかなり上りづらいものなのだ。梯子よりはマシだが角度があまりにも急すぎる。下りる際に足を踏み外しそうだ。
だが、まだ下層階はマシな方である。上に行けば行くほど階段は更に急になり、一段一段も広くなってくる。実はこの天守の上層階は文字通りの『最後の砦』―――天守も戦闘に巻き込まれた際、城主がこもる場所でもある。そう簡単に敵に上られてはいけない場所なのだ。
特に一段の幅が一番大きいのは御座所がある四階の階段である。御座所とは戦闘時、藩主が座を構える場所なのだが、そこから更に上層階に向かう―――というか逃げる階段が一番の難所というのも考えさせられる。因みにこの階段、一段40cmもあるとんでもないものだ。

「うわっ、なにこれ!足届かないじゃん!!」

何度も何度も次の段に足をかけようとしても足が空振りして次の段に足が届かない―――それが40cmである。腿を目一杯胸に引きつけても40cmの高さは作れないのだ。仕方なしに私は膝でにじり上がるように階段を上がる。
見た目は小さな天守だが流石に戦国時代の城である。実用性は今まで見た城の中でも一番だ。他の部分は下りながらゆっくり見るつもりだが、きっとどこも戦うために特化されているのだろう。私は一段40cmの階段を這い上がりつつ、松本城の実力を思い知らされた。



(7/17~7/23 twitterにて掲載)

Back    Next


にほんブログ村 小説ブログへ
ランキング参加中vこちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。


こちらは画像表示型ランキングですv




見た目は小さく可愛らしい松本城でしたが、どんなに小さくても戦国時代を生き抜いてきた国宝。中身はかなりハードでした/(^o^)\
今のような鉋が無かったので柱などはゴツゴツと荒っぽい槍鉋の跡が残っておりましたし、木の色も歴史に染まってだいぶ黒っぽくなっていましたねぇ(●´ω`●)そしてそれ以上にビックリだったのが4階から5階に向かう階段(@@)
一応4階が藩主が立てこもる場所だったのですが、万が一の避難場所がその上の階だったのでしょう。御座所から上に上がる階段は普通に上ることは不可能でした(>_<)そういうところにも『いざ敵に攻め込まれたら』の対策がなされていたのでしょう(-_-;)

そんな階段をよじ登り、最上階まで行ったときの景色やいかに・・・明日からの連載で書かせていただきます(#^.^#)
関連記事
スポンサーサイト

 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【夏虫~新選組異聞~ 第十一章第二十六話 函館総攻撃・其の貳】へ  【拍手お返事&『う』の付くものなら何でも良いはずですよね、土用の丑の日(゚∀゚)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夏虫~新選組異聞~ 第十一章第二十六話 函館総攻撃・其の貳】へ
  • 【拍手お返事&『う』の付くものなら何でも良いはずですよね、土用の丑の日(゚∀゚)】へ