「Twitter小説」
鉄ヲタ夫と歴女妻の鉄道オタク旅

鉄ヲタ夫と歴女妻の鉄道オタク旅~いざ行かん、松本へ2

 ←夏虫~新選組異聞~ 第十一章第二十四話 二股口の戦い・其の肆 →拍手お返事&ラベンダーの精油の取り出し方って・・・(@@)
私が松本駅に降り立って10分後、ようやく旦那が松本駅に到着した。一番の目的である『はくたか』に乗車できたので既に満足げだ。しかし私の目的はこれからである。旦那に休む余裕も与えず早々に駅を後にし、松本の街へと降り立った。

「何か・・・普通の都会っぽいね」

私はまっすぐ伸びる、美しく整えられた道を見つめながら旦那に語りかける。まるで現代都市計画によってできたような、まっすぐな道ばかりだったのだ。だが、暫く歩くとそれが城下町としてできた頃に作られた、かなり古い道だということが判明する。

「牛つなぎ石・・・へぇぇ『戦国の世、甲斐・信濃の民が塩不足に陥り、敵方の上杉軍が塩を送ってきたときに牛を繋いだといわれる伝説の石』だって!」

流石に本当に使われたかは判らないが、少なくとも戦国時代頃には使われていた道だったのだろう。
あとで調べてみたら松本は塩の道・千国街道の出発点であり、古代から利用・整備されていたそうである。江戸時代の松本藩でも北塩(糸魚川側の塩)の流通のみを認めたことから街道の線形の見直しや整備が続けられてきたらしいが、この時点ではそんな知識は一切ない。
古いはずなのにまるで現代都市のような真っ直ぐな道は、築城時近辺の都市計画に拠るものなのかもしれない――――そんな妄想を頭に浮かべつつ、迷子になりにくそうな道をひたすら歩き続けると、ようやく松本城の案内が見えてきた。だが、城そのものはまだ見えない。「

「一体どこにあるんだろうね。だいぶお城に近づいているはずなのに、まだ見えない」

流石に不安になってきた私は旦那に語りかけるが、旦那も『さぁ』と、気のない返事をするばかりである。そりゃ旦那も初めて見に来た場所だ、知らないのも当然である。
そうこうしている内に松本城入口に到着した。しかし一歩入れば松本城の敷地と言うこの場に来てさえ松本城の姿は見えない。もしかしたら相当敷地が広いのだろうか―――更なる不安を抱えつつ、私達は門をくぐり、敷地内へと入っていった。




(7/3~7/9 twitterにて掲載)

Back    Next


にほんブログ村 小説ブログへ
ランキング参加中vこちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。


こちらは画像表示型ランキングですv




たとえ山に囲まれた土地であっても都会は都会―――そう思わせる松本の道でしたヽ(=´▽`=)ノ
どの道もまっすぐで、てっきり現代の都市計画によって作られた新しい道かと思いきや、江戸時代とかそれ以前の道だったという/(^o^)\
特に日本を代表する古道『塩の道』の出発点&最終地点が松本だったとは驚きました(@@)糸魚川は塩だけでなくヒスイも取れる場所だけにかなり古い時代から利用されていたんでしょうねぇ(人´∀`).☆.。.:*・゚古道に関してはまだまだ喋り足りないので後日改めてブログ記事にしたいと思います(^_^;)(熊野古道、山辺の道、塩の道・・・どれも歴史ヲタにとっては底なし沼ですwww)

しかしそんな素晴らしい道を通って松本城の入り口までやってきたものの、その姿は未だ見えず・・・詳細は明日からの連載にて書かせてkただいます(*^_^*)
関連記事
スポンサーサイト

 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【夏虫~新選組異聞~ 第十一章第二十四話 二股口の戦い・其の肆】へ  【拍手お返事&ラベンダーの精油の取り出し方って・・・(@@)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夏虫~新選組異聞~ 第十一章第二十四話 二股口の戦い・其の肆】へ
  • 【拍手お返事&ラベンダーの精油の取り出し方って・・・(@@)】へ