「雑  記」
烏のおぼえ書き

烏のおぼえ書き~其の二百・昭和初期の派出婦の給料&労働条件

 ←拍手お返事&ボクシングも採点競技なのね(´・ω・`) →『鹿鳴草楼夢(仮)』準備エッセイ~その4・事件の舞台、港崎遊郭
先週に引き続き派出婦について取り上げさせていただきます(*^_^*)それほどスキルが要らない職業とは言え仕事は仕事、勿論ギャラも発生いたします(๑•̀ㅂ•́)و✧そして同じ派出婦でも行う仕事によってその給料がだいぶ違ったようなのですよ。まずはそちらから列挙していきます。基本的には食事付きの日給です(*´ω`*)

◆保母(両方の漢字に女編が付いておりました^^;):1円50銭~2円まで
◆家事取締婦:1円50銭~2円まで
◆料理婦:1円50銭~2円まで
◆家事婦(家事全般をする人)
一等:1円50銭or1円40銭  二等:1円30銭or1円20銭 三等:1円10銭or1円
◆裁縫婦:1円30銭~1円50銭 プラスで絹物なら1円50銭、木綿物なら1円40銭
◆事務手伝:1円30銭~1円50銭

上記にプラス手数料(一期間)30銭と往復交通費(実費)が付いたようです。当時の女性の給料としては妥当なところではないでしょうか。30日まるっと働いたとしても50円にも満たないですけど(-_-;)←本っ当に女性の給料安すぎるヽ(`Д´#)ノ ムキー!!


そしてお給料とともの重要なのが勤務条件!色々問題が起こっていた業種だけに、真面目な派出婦会がこの点で苦労していたようです( ー`дー´)キリッ

◆勤務時間
住込みと通勤に区別。通勤のものは午前7時から午後8時まで、住込みでも午後10時には休息を与えるようにとの記載がありました。日給ならば少しでも多く働かせようという貧乏根性が、派出婦を酷使したのでしょう(-_-;)派遣業側も『商品』を潰されてはかないませんので後述のように牽制しております。
(現代のブラック企業にも言えることですが部下&使用人の酷使=マネジメント能力の欠如以外の何者でもありません。人を効率よく使い家なり会社なりを運営するにはそれなりの能力が必要なのです(-_-;))

◆地方派遣
何とビックリ別荘や旅行などにも派出婦を同伴することが可能だったとのこと(@@)確かに気心がしれた派出婦さんが付いてきてくれれば、旅行先で何かあった時心強いですからねぇ(*´ω`*)
その際、前日までに派出婦会への通知が義務付けられ、単身男子との同伴はかた~~~~~くお断りさせて頂いたとの事です。そりゃそうだ(^_^;)

◆派遣拒絶
警視庁令に基づいて以下の営業所への派出はお断りとの記載もありました。
旅館 料理店 貸座敷 引手茶屋 待合 貸席 芸妓屋 遊技場 紹介業 下宿業等
その他料金不払い、酷使、勧誘等の行為があった雇い主に対しても派遣は拒絶したとのことです。トラブルは極力さけたいですし変な印象がついちゃうとまともな派出婦さんも集まってきてくれなくなりますしねぇ(-_-;)いかがわしい場所への派遣はお断りしていたようです。

◆男子のみのご家庭へのお願い
『李下に冠瓜田に靴の喩えもあるので、女性が留守で男性のみしか家に居ない場合、又は男子のみの家庭には40歳以上の派出婦を寄越すのでご了承ください』との但し書き/(^o^)\当時は40歳を過ぎていれば大丈夫だったのでしょうか(-_-;)相手が熟女好みだったらむしろ危険だと思うのですが・・・若い子よりは問題になりにくいってことなのかもしれない(おいっ)


なお、上記の派出婦会はかなり真面目な部類の会社だった模様です。別の会社には『給仕婦』の派遣も行っているところもあったとか・・・。こちらは容姿端麗、高卒以上の教養を持っている女性で『家庭の宴会等にご利用ください』との宣伝文があったそうです。しかし宴会って・・・これって絶対コンパニオン的な何かだろう(-_-;)芸妓じゃ高く付くけど(2~3時間で3円くらい)派出婦だったら料理の手伝いや給仕をさせても半額で済むだろうし。
同じ『派出婦』とは言えその種類は多岐にわたるようです。その中でも『最高級』と言われていたのが文筆婦人とのこと。次回は文筆婦人について取り上げさせていただきます(*^_^*)


【創作関連】
派出婦のどのジャンルも気になるところですが、個人的には裁縫婦に惹かれるものがあります(*^_^*)他の業種は現在でも残っているものが多いですが、裁縫専門のお手伝いさんて今はいないじゃないですか(人´∀`).☆.。.:*・゚
家族のイベントごとのために着物を縫うのもよし、思い出がたっぷり詰まったお婆ちゃんの一張羅をリメイクするなんて話もほっこりしそうですし(*´ω`*)そもそもお針子さん専門職を派出婦として雇い入れるという家庭がどういうものなのか想像がまず付かなくて(^_^;)その辺から妄想していきたいものです(*^_^*)



【参考・引用文献】
新板 大東京案内 下(今和次郎 編纂 ちくま学芸文庫)


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ 
INランキング参加中v
ご協力の程、よろしくお願い致しますm(_ _)m
 お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv

関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【拍手お返事&ボクシングも採点競技なのね(´・ω・`)】へ  【『鹿鳴草楼夢(仮)』準備エッセイ~その4・事件の舞台、港崎遊郭】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【拍手お返事&ボクシングも採点競技なのね(´・ω・`)】へ
  • 【『鹿鳴草楼夢(仮)』準備エッセイ~その4・事件の舞台、港崎遊郭】へ