「雑  記」
烏のがらくた箱

烏のがらくた箱~その三百七十四・や~っとミュシャ展行ってきました(≧∇≦)/

 ←烏のまかない処~其の三百七・しまなみドルチェのジェラート →夏虫~新選組異聞~ 第十一章第十七話 宮古湾沖海戦・其の壹
来月6日に閉会を迎えるミュシャ展にようやく行くことが出来ました(#^.^#)と言うか、流石にGW後、閉会直前のほんの少し前であれば空いているだろうという目論見だったのですが・・・考えが甘かったです/(^o^)\
友達には『前売り券を購入してから行ったほうが良い』とのアドバイスをもらったのですが、オンラインでチケットに必要なクレカを(私個人が)持っておらず、更に他のチケット購入方法もイマイチよく判らなかったので断念。最悪並ぶのも致し方ないとあきらめモードで行ったのですが、何と直通路がある乃木坂駅で臨時チケット売り場が開設されていたのですヽ(=´▽`=)ノしかもミュシャ展だけでなく草間彌生展のチケット売り場まで開設されているという・・・こりゃ向こうに行ったら確実に混むな、ということでチケットはこちらにて購入。案の定新国立美術館のチケット売り場は信じられないほどの長蛇の列となっておりましたが、駅のチケット売り場のおかげですんなり美術館の中に入ることは出来ました(∩´∀`)∩ワーイ
dsc_myusya00.jpg
しかし中にはいってからがこれまた大変で(>_<)ミュシャ展は2階で開催されていたのですが、その会場手前に長蛇の列が(@@)チケットのモギリで待たされるのですよ(^_^;)これがおよそ20分・・・因みに私が出向いたのは水曜日の午前中です。決して混んでいるような時間帯では無いと思うのですが、平日に時間がある人間が集中してしまったのでしょうか・・・orzそれとも閉まる直前に行ったほうが空いているのか・・・でもそうなるとゆっくり見れないし、悩むところです。
そんな長蛇の列を乗り越えてようやく見ることが出きたミュシャの作品の数々はやはり素晴らしいものがありました(≧∇≦)/
まずはこの展示の最大のウリである『スラヴ叙事詩』(人´∀`).☆.。.:*・ミュシャの代名詞である『アール・ヌーヴォー』様式とは違う、写実的な描写で描かれた合計20枚の超大作は迫力そのものでした(*´艸`*)そして一枚一枚に描かれたスラヴの宗教的、文化的な事件の数々の取り上げ方がまた秀逸なんですよ(@@)多民族からの襲撃に耐えるもの、聖書やその他書物が自分達の言葉で書かれた喜び、宗教改革の嵐や19世紀の民族主義運動まで―――大きいとは、言えたった20枚の絵画でスラブ民族の歴史と誇りをコンパクトにまとめ上げた、文字通りの『代表作』です(≧∇≦)
(一応写真掲載。無駄にデカイのでサムネで失礼しますm(_ _)m)
dsc_0141.jpgmyusya01.jpegmyusya02.jpeg
なおサムネイルの作品達は写真撮影可能スペースで撮らせていただいたもの。それが判らない方が多かったのか、違う場所でも写真撮影をしている方を多く見かけました。もしこれから行かれて写真撮影をする際はご注意くださいませm(_ _)m

本当に素晴らしい作品たちだったのですが、唯一残念だったのがこの大きな作品を見るためのスペースが小さすぎる( ;∀;)新国立美術館さんも一生懸命頑張ってくれた、努力の跡は痛いほど判るのですが何せ作品が大きすぎるのです(>_<)
元々は専用の美術館も作る予定だったとのことですが、それは叶わず今はプラハのヴェレトゥルジュニー宮殿にあるとのこと。もしかしたらそこでも狭いんじゃないかなぁ(´・ω・`)遠くから全体像も見たいし、大きな絵であるにも関わらず細部にもこだわるミュシャの筆使いは近くに行かないと判らないし・・・感覚的に近いのはpixivの『クリック推奨』作品ですかね(^_^;)欲張りは百も承知で、全体像も細部もじっくり見たくなる作品たちでした((o(´∀`)o))
(たぶんビックサイトとかドーム球場がちょうどいいかと思われる・・・)

勿論展示されているのは『スラヴ叙事詩』だけではありません(๑•̀ㅂ•́)و✧アール・ヌーヴォースタイルで描かれたポスターや絵画、出版物などなども多数ありました(#^.^#)人気があったのは現在でもよく見かける『四つの花』シリーズや『四芸術』シリーズのたおやかな女性たちですね(*^_^*)こちらは展示場所が小さい上に『知っている作品』ということで皆が集中していたのでほぼスルー状態で出てきてしまいました(^_^;)その代わり『世紀末の祝祭』と題されたパリ万国博覧会関連の挿絵・下絵やプラハ市民美術館に納められているイケメンシリーズ、そして『独立のための戦い』と題された部屋の作品群はガッツリ見てきました(๑•̀ㅂ•́)و✧
女性に関しては『四つの花』『四芸術』シリーズの女性よりは『ヒヤシンス姫』に代表されるような、射抜くような眼力のスラヴ美女を描いた作品が好みですね(*´艸`*)19世紀のたおやかな女性より20世紀の戦う強い女性の方がイキイキ描かれているような気がします。そしてその女性たちより魅力的な『漢』達(≧∇≦)/あえて『漢(おとこ)』と書かせてもらいたいほど強くたくましいイケメン揃いでした((o(´∀`)o))ジャニーズ系というよりはRPG系ですかね。ゲームキャラに出てきたら絶対に敵をワンパンでやっつけそうな漢たちばかりでしたよ(人´∀`).☆.。.:*・゚もしかしたらそんな力強い男たちに、スラヴの独立の気持ちを託していたのかもしれません(●´ω`●)
残り会期2週間のミュシャ展、混雑は覚悟の上一度は見ておいたほうが良いですよ~(#^.^#)


今週もご来訪&拍手、ランキングへのご協力、誠にありがとうございますm(_ _)m
今週は眞子さまのご婚約内々定という話題で持ちきりでしたね(●´ω`●)お相手の方が地元のミスターコンテストにて『王子様』に選ばれた事があるとのことでしたが、ど~もあのコンテストは見た目よりトーク力や対応力などの脳みその瞬発力が求められている気が(^_^;)(地方のミス&ミスターコンテストなんてそんなもの/(^o^)\)
地元のコンテスト出身者から皇族と結婚される方が出るというのは不思議な感じが致しますが、ぜひとも幸せになっていただきたいものです(*´艸`*)




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


こちらは画像表示型ランキングですv
どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv
関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【烏のまかない処~其の三百七・しまなみドルチェのジェラート】へ  【夏虫~新選組異聞~ 第十一章第十七話 宮古湾沖海戦・其の壹】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【烏のまかない処~其の三百七・しまなみドルチェのジェラート】へ
  • 【夏虫~新選組異聞~ 第十一章第十七話 宮古湾沖海戦・其の壹】へ