「雑  記」
拍手お返事&おまけ

拍手お返事&城下町村上 春の庭百景めぐり

 ←烏のおぼえ書き~其の百九十七・昭和初期の『生粋の江戸っ子』の定義 →『鹿鳴草楼夢(仮)』準備エッセイ~その1・神奈川奉行所の前身・浦賀奉行所
3泊4日の帰省からようやく帰ってまいりましたε-(´∀`*)ホッ何だかんだ言いながら自宅はやっぱり落ち着きます(*^_^*)
連休中はバタバタしているかもしれませんが(と言うか、明日の更新遅れるかもしれないと今から予防線をはらせてください/(^o^)\)徐々に調子を取り戻して行けたら良いかな・・・(^_^;)

今回の帰省ではタイトルにあります『城下町村上 春の庭百景めぐり』に義母と二人で行ってまいりました。本当は全く別の目的で行ったのですが(染物屋さんに行こうとしていた)、ちょうど出向いたその日からイベントが始まっておりまして、せっかくだからお庭を覗かせてもらおうと(●´ω`●)
5月いっぱい町屋、寺、武家地区の庭・花・盆栽・山野草などを協力者のご厚意で無料公開されているのです(@@)それこそ普段だったら絶対に覗けない老舗の坪庭とかがタダで覗き見出来ちゃうのですよ(*´艸`*)
このイベントそのものは3回目との事ですが(なので義母も知らなかった)、3月にはお雛様、秋には屏風を街を訪れるお客様にみせるイベントをしているだけあって慣れているんですよね~(人´∀`).☆.。.:*・゚
今回は全く準備もせずに行ってしまったのでごくごく一部だけしか見れなかったのですが、松尾芭蕉ゆかりのお宿『井筒屋』にて塩引き鮭のお茶漬けを頂けた上にお庭も見れたのは収穫でした((o(´∀`)o))
レンタサイクルを借りて一気に全部見るのもよし、毎年少しづつ数軒ずつ見るのもよし、同じお庭を毎年見学しお庭の成長を見るのもよし(作りかけのお庭もあった)いろいろな楽しみ方ができるイベントは本当に勉強になります(*^_^*)
村上まで足を伸ばすのはなかなか大変かもしれませんが、もし機会があり、時期も重なりましたらあちらこちらのお庭やお人形を見させていただくのも良いですよ~(*´艸`*)

拍手コメントありがとうございますヽ(=´▽`=)ノお返事遅れましたが以下に書かせていただきますね~(●´ω`●)







☆Nぽ様
こんばんは(*^_^*)今回は夕方に帰宅でしたのでようやくこの時間のお返事が書けました(^_^;)GW中、主婦はなかなか自分の時間が取れません/(^o^)\

まずは拍手文感想お返事から。メーデーの集会、戦前でもかなり大きなものだったようですね(@@)道いっぱいに何十分にも渡る行列、目が見えないみわだけでなく子供老人その他障碍者も動きが取れなかったと思います(>_<)
そんな行列の中に紛れ込んでいる狼男、人間の姿を保っていたということは多分満月では無かったのでしょう。しかし『人間』の姿であっても(当時としては厄介な)共産主義的な思想の持ち主のようで・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
この狼男の他、妄想中の話の中には吸血鬼や魔女、その他海外の妖怪たちが日本を精神的な面から破壊していこうと画策する予定です。そんな妖怪たちの計画を阻止しようとするメンバーの一人が今回登場した今流巡査なのですが、ごっつすぎて女性にはもてないんですよ(^_^;)いい人が見つかるよう祈ってやってくださいませm(_ _)m

エッセイにもお言葉ありがとうございます(≧∇≦)/
カカオマルシェ、『良いものを少しだけ』という欲望を見事に突いてきましたwwwしかも持ち運びにそれほど気を使わなくても良いものばかりですし、男性も手に取りやすいお値段(#^.^#)オレンジのチョコもビターさが際立っていて美味でしたので、ぜひともチャレンジしてみてくださいませ(๑•̀ㅂ•́)و✧

女性の職業後編へのお言葉もありがとうございますヽ(=´▽`=)ノどれも今も残っている職業&それ相応の技術がいるものばかりなのにどれも給料が安すぎる(-_-;)やはり『産めよ増やせよ』のスローガンの下、女性は家庭に入るべき&男性の仕事を奪うんじゃない的な世論もあったようです(>_<)同一職種同一賃金は今でも実現していませんので、当時はまだまだ( ;∀;)
せめてどんな職業についても、一人暮らしで生活できる程度の賃金は欲しいところです(でないと子供なんてとてもとても(>_<)人間らしい最低限の生活ができる賃金は必要です)

帰省&GWへのねぎらいのお言葉もありがとうございますm(_ _)mただでさえ集中力が減少しているところへ、今回はムダに忙しく( ;∀;)『夏虫』は総司と小夜にとって大事な場面ですので今回はちょっとお休みを頂きました。6日にはちゃんとUPさせていただきますね~((o(´∀`)o))

『鹿鳴草~』のエッセイも明日から始めさせていただきます。取り敢えず神奈川奉行所の前身・浦賀奉行所から(^_^;)さくっと日本を取り巻く状況のおさらいをした後に本編を書かせていただこうと思っております(*^_^*)
帰省中にも関わらず温かいお言葉ありがとうございますm(_ _)m金曜日当たりにそちらにも伺わせていただきますね~(^.^)/~~~








関連記事
スポンサーサイト

 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【烏のおぼえ書き~其の百九十七・昭和初期の『生粋の江戸っ子』の定義】へ  【『鹿鳴草楼夢(仮)』準備エッセイ~その1・神奈川奉行所の前身・浦賀奉行所】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【烏のおぼえ書き~其の百九十七・昭和初期の『生粋の江戸っ子』の定義】へ
  • 【『鹿鳴草楼夢(仮)』準備エッセイ~その1・神奈川奉行所の前身・浦賀奉行所】へ