「雑  記」
拍手お返事&おまけ

拍手お返事&『襤褸(ぼろ)』というのは日本独特のものなんでしょうか(・・?

 ←湘南歳時記~如月の曽我梅林2 →烏のおぼえ書き~其の百八十七・昭和初期のアパートメント・前編
先日視聴していたTV番組で、かなり大きな会場(ビッグサイトや幕張レベル)での骨董市の様子が取り上げられていたのですが、その中で特に印象的だったのが日本の古い藍染の布を購入してゆく外国人でした。話によると日本の『襤褸』にインスパイアされて、自分でもツギハギの服や小物類を作るらしい・・・と聞いて思わず『???』と思ってしまいました(@@)
アップリケとかパッチワークっていうのは襤褸の仲間とはみなされていないんだ・・・てっきりあれもハギレ布を使うんで大きな意味での『仲間』だと思いこんでいたのですが、どうやら外国人視線から見ると違うらしい(-_-;)
確かに日本の野良着等の襤褸になるとベースの布がなんだか判らなくなるほどいろいろな布が当てられているので、レベルが違うと感じるのでしょう。昔の人にとっては必要に迫られての継ぎ接ぎであり、いつの間にか出来てしまった襤褸ですが、ファストファッションしか知らない若者にとって、何枚もの生地を継ぎ合わせた襤褸は新鮮なものに見えるらしいのです。実際TVで取り上げられていたリーバイスの社員さんも20代~30代くらいだったし。
そう言えば昔はお茶碗もちょっとした欠けだったら継ぎ接ぎして使っていましたし(箱根の関所にあったものは『ちょっと』じゃなく粉砕状態でも継ぎ接ぎして使っていたけど^^;)『ちょっとした不都合なら手直しして使う』が当然でしたものね。それがいつの間にか修理不可のものが増えている―――色々考えさせられます(´・ω・`)
(ガラケーだったらバッテリーを変えれば長く使えるけどスマホだとバッテリーさえ変えられない・・・そんなものが増えすぎ(>_<))
大量生産&大量消費で経済を発展させていた20世紀ですが、その経済モデルも限界を迎えています。100%江戸時代のように、とは行かなくても『好きなものは何度でも修理して使える』とか『型が古くなった服はリメイクして使う』とかがもう少し気楽にできればと思うのですが・・・現実的にはまだまだ難しいんでしょうかねぇ(´・ω・`)

拍手コメントありがとうございますヽ(=´▽`=)ノお返事、以下にさせていただきますね~(^_^)/~






☆Nぽ様
こんにちは(*^_^*)今年も多いですねぇ花粉(>_<)本当に『目が、目がああ!』と目をかきむしりたくなります( ;∀;)

まずは『紅柊』感想お返事から(●´ω`●)利親と伸吾、最悪の結末になってしまいました(´・ω・`)藩の人事とは言え別れてしまったのがいけなかったのか、それともそもそも出会うべきでは無かったのかは本人たちだけが知るところですが、どう転んでもこの二人が行き着く先はこの結末しかありませんでした(´;ω;`)拙宅の作品はあくまでも娯楽作品ですので、出来る限りのハッピーエンドを心がけてはおりますが、たまにはこういうのもアリかと(^_^;)バッドエンドはなかなか難しいです(>_<)

『夏虫』にも感想ありがとうございますヽ(=´▽`=)ノええ、案の定やりあってしまいましたあの二人www本当であれば野村を陸軍隊から外すべきだったのでしょうが、五稜郭到着から間もなくの松前出陣ですからねぇ(^_^;)幸いなこと(?)に経験者が仲裁に入って野村を引き離してくれたので、この行軍の間は問題ないと思われます/(^o^)\ソリの合わない野郎と顔を突き合わせるのがどれほど精神衛生上悪いか、一番良く知っているのが歳ですからねぇ(^_^;)←本当の殺し合いにまで発展www
そして次回はようやく松前戦本番です(๑•̀ㅂ•́)و✧星さんが居てくれるおかげで歳が好き放題動けるのがありがたい(人´∀`).☆.。.:*・゚この人に関しても『上司との相性』というものを感じずにはいられません(これまで勝手な行動が多い問題児だったとは思えないほど歳の下ではキチンと動いてくれている((o(´∀`)o)))どこまで細かく書けるか解りませんが、松前戦もおつきあいよろしくお願いいたしますm(_ _)m

エッセイにもお言葉ありがとうございますm(_ _)m
木賃宿、安くて気楽に入れる場所だとどうしてもアヤシゲな人が多くなってしまうようで(^_^;)ただ需要がなければ供給もありません。当時の日本にとって木賃宿も必要なものだった事だけは確かなようです(´・ω・`)

バレンタインビール、これは本当に盲点でした(@@)地元の酒造会社がこんなものを作っていたとは(^_^;)どうせプレゼントするなら相手の好みに合わせたいもの、甘いものが苦手な男性の為にもバレンタインのプレゼントはもう少し幅が欲しいところです(^_^;)

医療費控除、今年もなんとか無事終了いたしました(`・ω・´)ゞ計算に関しては旦那が全部やってくれるのがありがたいですね(^_^;)
そしてそちらの税務署では金額のそんな細かいところまで見るのですね、税務署のオッサン・・・(^_^;)こちらでも空いている時は額面を見てもらえますが、今年のような激混みに遭遇すると本当に必要最低限のチェックしかしてくれなくなります/(^o^)\
毎年不備があったらどうしよう・・・とヒヤヒヤしますよ~www

Twitter小説まとめにもお言葉ありがとうございますヽ(=´▽`=)ノ梅好きでイジられる副長ですが、やはりああいった個性の強い花が好き=本人の個性もかなり強烈に通じるようでして(^_^;)特に一部の紅梅は香りもかなり強烈です。武士の世の最期を飾った男が好んだ花として紅梅はやはり似合うような気がします(●´ω`●)

今週も一つ一つの記事へコメントありがとうございましたm(_ _)mまた今週末にそちらに伺わせていただきますね~(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【湘南歳時記~如月の曽我梅林2】へ  【烏のおぼえ書き~其の百八十七・昭和初期のアパートメント・前編】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【湘南歳時記~如月の曽我梅林2】へ
  • 【烏のおぼえ書き~其の百八十七・昭和初期のアパートメント・前編】へ