「雑  記」
烏のまかない処

烏のまかない処~其の二百九十一・『さくらの夢見屋』の串団子

 ←江戸瞽女の唄~ミルクホールの鬼達 →烏のがらくた箱~その三百五十七・縄打ちも一門によってだいぶ雰囲気が違うものなんですねぇ(*´ω`*)

こちらのお店、鎌倉小町通りに本店がある『イタリアントマト』系列の和菓子屋さんです(*^_^*)国内では鎌倉と川崎にしか無いようなのですが、海外(台湾、香港、上海)にはかなり出店しているようですね。てっきりもっと全国展開していると思っていたのですが『国内では神奈川県限定』ということで紹介させていただきます♪

鎌倉というと古都のイメージが強く、和菓子が充実しているように思われがちなのですが、実は洋菓子のほうが種類が多いんですよね~(^_^;)また、和菓子があったとしてもどちらかと言うと『お茶菓子』で、食べ歩きには正直向いていないものが殆ど・・・。
(そもそも地元民は小町通りで食べ歩きなどせず、自宅に持ち帰ってゆっくり食べればいいという考えがある)
そんな中、敢えて『食べ歩き用の串団子』をメインに販売という、地元店舗だったら絶対にやらないだろうという暴挙に敢えて出たのがこちらのお店です\(^o^)/確かに観光客だったら『歴史ある町で和菓子(串団子)の食べ歩き』は魅力的かもしれない・・・。
で、食べ歩きの場合はそれ用のお皿と共に提供されるのですが、自宅持ち帰りの場合は購入時にその旨を告げパックに入れてもらいます。勿論地元民の私は持ち帰り派。自宅でお茶を淹れてゆっくり頂きました(^q^)BBAになるとお茶無しで串団子はきついんだよ~(>_<)
なお購入したのは草団子、さくらのみたらし、いちご餡の3種類。意外と草団子のよもぎ風味がしっかりしているのに驚きました。昔の草団子、って感じですかねぇ。スーパーの草団子を食べ慣れているとやや薬臭く感じるかもしれませんが、昔近所の原っぱでよもぎを摘んで草団子にした時の味そのものでした。なので草団子は大人向きかも。
(もしかしたら、今ちょうどよもぎの旬だから香り&味が強いのかも)
一方いちご餡はこしあんの上にいちごをトッピングしたもので、これは馴染み深い安定の味ですね(^q^)。老若男女誰にでも好かれるお味です(*^_^*)
そして一番気になっていた『さくらのみたらし』、みたらしというくらいなのでてっきり甘じょっぱいのかと思いきや、意外と柔らかな、上品な甘さのお団子でした。上にかかっているトッピングがとろみの付いたみたらし風の透明な『あん』というところからこの名前がついたのでしょう。小さなお子さんでも食べられる、3種類の中では一番くせのない味のお団子でした。個人的にはもっとさくらの葉の塩漬けの風味が欲しかった・・・でもさくらの葉っぱの塩漬けも意外と強い味だから外国人には向かないのかなぁ(^_^;)
どのお団子も甘さはかなり控えめで、がっつり甘いお団子が好きな方には物足りないかも知れませんが素材の風味はしっかり堪能することができます。季節限定商品もあるようですので、もし鎌倉にお越しの際はチャレンジしてみてくださいませ(^q^)

次回まかない処は2/2、時期的に節分のネタになりそうな・・・しかし恵方巻きでないことだけは確かです(^_^;)
(根っからの関東人である私は未だ恵方巻き文化を受け入れられない・・・というか2種類以上の味が混在する関西風の太巻き&お稲荷さんに舌がついていけないんですorz)




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv



こちらは画像表示型ランキングですv

どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv
関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【江戸瞽女の唄~ミルクホールの鬼達】へ  【烏のがらくた箱~その三百五十七・縄打ちも一門によってだいぶ雰囲気が違うものなんですねぇ(*´ω`*)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【江戸瞽女の唄~ミルクホールの鬼達】へ
  • 【烏のがらくた箱~その三百五十七・縄打ちも一門によってだいぶ雰囲気が違うものなんですねぇ(*´ω`*)】へ