「紅柊(R-15~大人向け)」
丁酉・秋冬の章

春、遠からじ・其の参~天保八年十ニ月の知らせ(★)

 ←烏のおぼえ書き~其の百七十九・昭和初期の宿泊施設 東京・上野・神田編 →烏のまかない処~其の二百八十七・年末すき焼き
 仄暗い行灯に灯りに五三郎の逞しい体が照らし出される。背が高い為、着物を着ているとすらりとして見えるが、やはり日頃鍛えているだけにかなり筋肉が付いている。その中央には先走りに濡れた逸物がそそり立ち、幸の熟れた花弁を喰らおうと鎌首をもたげていた。

「明日の朝は足腰立たなくなるだろうから、覚悟しておけよ幸」

 ニヤリ、と笑うと五三郎は逸物を蜜口にあてがい、一気に貫いた。

「ああっ、あ、兄様っ」

 押し殺してはいるが、甘ったるい嬌声は隠しきれない。普段は絶対に聞くことが出来ない、舌足らずな幸の声に五三郎は煽られ、激しく腰を動かし始めた。肌がぶつかる湿った音にそれとは明らかに違う派手な濡音は幸の耳を犯し、更に幸を昂ぶらせてゆく。

「遠慮なく気をやっちまっていいぞ」

 身体を密着させ、五三郎は幸の耳許で囁いた。その瞬間、幸の身体がびくびくっ、と跳ねあがり、蜜壺が五三郎の逸物を強く締め付ける。やはり散々煽られ、気を遣る寸前まで昂ぶっていたらしい。気を遣ってしまった幸は、荒い息のまま五三郎の腕の中でぐったりと力を抜く。
 普段の五三郎であれば幸の息が整うまでは休ませてやるのだが、何故か今日はそのような気持ちになれなかった。ただただ幸を喰らいたい――――――獣じみた本能に突き動かされるまま、五三郎は逸物を一度も抜くこと無く、とろとろに蕩けきった蜜壺を逸物でかき回し始める。

「あに、さまぁ。また、気を遣って・・・・・・」

 少々強引過ぎる愛撫だったが、それにさえも幸の身体は反応してしまう。五三郎に翻弄されるまま、幸は身体を火照らせ快楽に身を委ねてゆく。

「いいぜ、幸。今夜は俺と一緒に堕ちるところまで堕ちてくれ」

 愛する妻の狂態に満足しつつ、五三郎は更に逸物で幸の泥濘をこねくり回し続けた。



 五三郎がようやく精を放った時、幸は既に五度も気を遣ってしまっていた。流石に疲労困憊で、目を瞑ったまま五三郎の胸に寄り添いまどろんでいる。その穏やかな顔を覗き込んだ後、五三郎は幸の頭を抱え、その向こう側に視線を飛ばした。

(それにしても・・・・・・)

 五三郎は行灯の下に置かれたままの『懐宝剣尺』と『古今鍛冶備考』に視線を向ける。字面を諳んじるだけならなんとかなるだろうが、刀工や刀剣の特徴もきちんと把握しなければならないのが大変だ。しかも与えられた時間は極めて少ない。

(何か良い覚えかたはねぇかな。いっそ写本でもしたほうが・・・・・・あ、そうだ!)

 と、五三郎は布団から這い出し、文机に置かれた硯箱の蓋を開けた。そこには新春用に新しく下ろすための真新しい筆も二、三本入っている。五三郎はその真新しい一本と『古今鍛冶備考』を手に取ると再び布団へと潜り込んだ。

「兄様、やはり気になるのですか?布団にまで本を持ち込んで」

 五三郎の動きに目を覚ました幸が、怪訝そうに尋ねる。すると五三郎は何故か意味深な笑みを浮かべたのだ。その笑みに何となく不穏なものを覚えた幸だったが、その勘はものの見事に当たってしまう。

「まぁな。というか『使える』かもしれねぇ覚え方を思いついたんだ。で、おめぇにも協力してもらうから」

 そう言って幸をうつぶせ寝にすると、五三郎は『古今鍛冶備考』を開き、その字面を写すように何も付けていない筆を幸の真っ白い背中に走らせたのだ。

「ひゃっ、くすぐったい!兄様、やめてください!」

 筆が走った瞬間、幸はびっくりし見を捩って逃げようとするが、それを五三郎が押さえつける。

「おいおい、まだ序の口だぞ・・・・・・しかしこれは良いかも知れねぇな」

 そう言って今度は首筋に筆を走らせた。明らかに幸の反応を見て愉しんでいる風情だ。

「あ、あにさま、お戯れはやめてくださいませ・・・・・・はうっ」

「遊びなもんか。俺は至って真剣だぜ。何せ短期間に全部覚えなきゃならねぇんだからよ」

 そう言いながら五三郎は筆先で幸の耳の奥をくすぐった。思わず幸は悲鳴を上げるが、その声に妙な甘さが含まれている事を五三郎は聞き逃さない

「おい、もしかして筆で感じてるのか?」

「そ、そんなこと、は・・・・・・」

 幸はふるふると首を横に振って否定するが、首筋まで真っ赤に染まった顔はそれが強がりだということを如実に物語っていた。

「ふぅん」

 五三郎はニヤニヤと笑い、今度は脇腹に筆を滑らせた。しかもやけに長い名称の刀工の名だ。

「や、やめて・・・・・・あにさまぁ」

 幸はフルフルと小刻みに身体を震わせながら五三郎に訴える。だが五三郎はその訴えを無視し、更に盛り上がった尻へと筆を移した。

「できれば墨をつけて書きつけてぇところだけどな」

 五三郎は筆の穂先をぺろり、と舐めると丸く盛り上がった幸の尻をつつっ、と濡れた筆先で撫で上げる。乾いた筆先とはまた違った感触に、幸はぴくん、と身体を跳ね上げた。

「そ、そればかりは・・・・・・湯屋に行けなくなります」

 流石に耳なし芳一よろしく墨で全身くまなく刀工の名を書かれては堪らない。それだけは勘弁してくれと幸は涙声で懇願する。

「だよな。冬場じゃ毎日内風呂を沸かすわけにも行かねぇしよ」

 そう言いつつ五三郎はうつ伏せのまま幸に腰を上げさせ、脚を開かせた。その瞬間、つつっ、と内腿を新たな淫蜜が伝っていく。

「ちょっと筆先でくすぐっただけで昂ぶっちまったらしいな」

「そ、そんなことありません」

「じゃあこれはどう説明するんだ?」

 五三郎は滴り落ちた淫蜜を筆に含ませる。そして花弁をなぞり、くちゅり、と派手な音を立てた。

「さっき始末したのに、もうこんなにしやがって。本当に感じやすいよな、幸は」

 五三郎は耳許で意地悪く囁くと、筆先を菊座に走らせる。柔らかな穂先が敏感な菊花をなぞると秘められた花はきゅっ、とすぼまり、前方の綻んだ花弁からは新たな淫蜜が滴り落ちた。

「ひゃあ!」

「ここはまだ刺激が強すぎるか。でも悪くねぇ反応だな」

 五三郎は菊座の辺りに筆先を往復させる。

「やあっ・・・・・・あにさま、もう堪忍」

 とうとう幸は五三郎にしがみつき、その腕に爪を立てた。だが、五三郎の筆の動きは止まること無く再び花弁に戻り、蜜壺のとば口で止まる。

「今宵はこの程度にしておくか。だけど明日からは本格的に相手をしてもらうから、そのつもりでいろよ」

 五三郎はしっとりと濡れた筆先で花芽をくすぐると枕元に筆を置き、幸の足を抱え込むそしてそのまま逸物を穿つと今度はゆっくりと嬲るように行きを翻弄し始めた。


 結局二人の情事は夜が白むまで続き、五三郎を年末挨拶に出した後、幸は布団に潜り込み寝込んでしまった。流石に忙しい年末、以後年が明けるまでは平穏な日々が続くが、年が明け、松の内が終わった後幸は更に五三郎の『勉強』に付き合わされることとなるのは余談である。




UP DATE 2016.12.28

Back   Next


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
INランキング参加中。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


  
こちらは画像表示型ランキングです。押さなくてもランキングに反映されます。
(双方バナーのリンク先には素敵小説が多数ございます。お口直しに是非v)

 



ほんと~に申し訳ございません(>_<)インフルでぶっ倒れた後、UPしたのが筆プレイ/(^o^)\ええ、熱で脳みそが遣られたと思っておいてくださいませ(^_^;)

いやね、五三郎も色々必死なんですよ。免許皆伝のために覚えなきゃならないことは多いし、跡継ぎも作らなきゃならないし・・・そこで一石二鳥、って考えたのでしょう。やられる幸はたまったもんじゃありません(>_<)果たしてこんな事で『目的』は果たせるのでしょうか・・・(^_^;)
次回紅柊は1/4、お正月らしい作品を書きたいものです(*´ω`*)(鳥追いと下級武士のロマンスとか(*´ω`*))
関連記事
スポンサーサイト

 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【烏のおぼえ書き~其の百七十九・昭和初期の宿泊施設 東京・上野・神田編】へ  【烏のまかない処~其の二百八十七・年末すき焼き】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【烏のおぼえ書き~其の百七十九・昭和初期の宿泊施設 東京・上野・神田編】へ
  • 【烏のまかない処~其の二百八十七・年末すき焼き】へ