「Twitter小説」
鉄ヲタ夫と歴女妻の鉄道オタク旅

鉄ヲタ夫と歴女妻の鉄道オタク旅~魅惑の御宿・竹ふえ10

 ←夏虫~新選組異聞~ 第十章第二十八話 さらば、会津・其の肆 →拍手お返事&まさかこんな日がやってくるとは(人´∀`).☆.。.:*・゚
翌朝、私は珍しくスマホの目覚ましではなく雀の鳴き声で目覚めた。やはり竹と雀は相性が良いのだろう。ほんの少しだけ予定より早かったが起き上がり、身支度をしたり庭を覗いたりしていたら、朝食の時間が近づいてきた。そう、『ご汁』がやってくる時間だ。
ワクワクしながら囲炉裏部屋へと降りてゆくと、まるで見ていたかのようにタイミングよく外からかかった。朝食の準備にやってきてくれたのだ。

「お早うございます。では朝食の用意をさせていただきます」

その言葉と共に手際よく朝食の膳が用意されてゆく。
基本的には体に優しい、王道の『日本の朝食』なのだが、やはり目を引くのは中央の小鍋に入っている『ご汁』だ。味噌が入っているはずなのだが、見た目は真っ白な豆乳鍋そのもの、野菜はたっぷり入っているが肉や卵などの動物性蛋白質は一切入っていないようである。

「いただきま~す!」

見た目は豆乳鍋だが、わざわざ『ご汁』と言うからには味は違うのだろう。私は真っ先にご汁をすくい、一口飲んだ。すると豆乳のまろやかな口当たりと味噌の絶妙な塩気、野菜の旨みが調和した今まで経験したことのない味が口いっぱいに広がったのである。
味噌の効果だろうか、私が苦手とする豆乳独特の癖は完全に消えており、かなり食べやすい。というか、出された小鍋だけでは物足りないくらいだ。多分二人分の鍋で出されても全部ぺろりと平らげる事ができるかもしれない。それほどまでに『竹ふえ』のご汁は美味だったのだ。
しかし、それを素直に顔に出したり口にしたりすれば間違いなく旦那が『よこせ』と言い出すだろう。それだけは絶対に避けなければならないと、私は『なかなか美味しいよ』とだけ言ってポーカーフェイスを決め込んだ。横取りされるのはぷっちょ晩白柚味だけで充分だ。
かくして旦那にバレないよう美味なる熊本名物を小鍋まるごと堪能することが出来た。程よい塩気の優しい味は、二日酔いでもするすると入っていくだろう。ご汁を堪能し、やはりオススメのものは素直に受け入れるべきだと私は朝風呂に向かう旦那の背中を見ながら確信した。



(12/12~12/18 twitterにて掲載)

Back    Next


にほんブログ村 小説ブログへ
ランキング参加中vこちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。


こちらは画像表示型ランキングですv





ほんと~~~~に美味しかったです、ご汁(*´艸`*)身体が欲する味とでもいうのでしょうか。贅沢な素材は一切使っていないのですが、素材本来の味と絶妙な塩加減に思わずぺろりと平らげてしまいました(^_^;)
しかし素材がどこにでもあるようなもの=素材そのものの品質や料理人の腕が如実に現れる料理とも言えます。自分が作り方を習って作ったとしても、果たしてあそこまで美味しくできるかどうか(^_^;)野菜の変な苦味とか臭みが出てしまいそうな気がwww
また、あの食べやすさ&塩梅は二日酔いでも無理なく身体に流し込めるんですよね・・・何せ焼酎処・熊本、二日酔いの朝にご汁を頂くのかもしれません。絶対にお酒の締めとか二日酔いの朝にあれはイケると思う(^q^)

明日からの連載ではとうとう九州旅行のクライマックス・熊本城見学を取り上げたいと思います(*^_^*)今年中に九州編、終わるかなぁ(●´ω`●)
(とは言っても次のプチ連載の予定を立てていない(^_^;)もし書くとしたら日帰りの松本旅行か酒田旅行になると思われます(*^_^*))
関連記事
スポンサーサイト

 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【夏虫~新選組異聞~ 第十章第二十八話 さらば、会津・其の肆】へ  【拍手お返事&まさかこんな日がやってくるとは(人´∀`).☆.。.:*・゚】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夏虫~新選組異聞~ 第十章第二十八話 さらば、会津・其の肆】へ
  • 【拍手お返事&まさかこんな日がやってくるとは(人´∀`).☆.。.:*・゚】へ