「Twitter小説」
鉄ヲタ夫と歴女妻の鉄道オタク旅

鉄ヲタ夫と歴女妻の鉄道オタク旅~魅惑の御宿・竹ふえ8

 ←夏虫~新選組異聞~ 第十章第二十六話 さらば、会津・其の貳 →拍手お返事&本当はこのまま育ってほしいんですけど(´・ω・`)
ようやく旦那が服を着て暫くすると、夕食を運んできたと従業員さんから声をかけられた。食事は囲炉裏部屋に用意されるのだが、地のものをふんだんに使った豪華なものだ。特に器は夕食のテーマ『かぐや姫』を連想させるようなものばかりで、思わず口から溜息がこぼれる。
そんな美しい料理の数々に見惚れている間に料理の説明が終わり、担当従業員さんが『では』と尋ねてきた。

「明日の朝食なのですが、汁物を味噌汁とご汁どちらかからお選びいただけます。どちらになさいますか?」

ご汁―――聞きなれないその言葉に私は敏感に反応する。

「ご汁ってどんなものなんですか?」

未知なる食べ物に興味津々に尋ねる私に、従業員さんは嫌な顔ひとつせず答えてくれた。

「熊本の郷土料理です。水に浸して柔らかくした大豆をすり潰して絞ったものを入れた味噌汁、と言ったところですね。お二人で一つの鍋になりますが」

「じゃあ味噌汁で」

私が口を開く前に旦那が口を挟む。『自分が知らない料理は口にしたくない』という保守的なところが頭をもたげたようだ。だがここでご汁を食べれなければ一生食べることは出来ないだろう。どうしても諦めきれずブツブツ口の中で私が文句を言っていたその時である。

「でしたらお一人ずつのお鍋にいたしましょうか?それぞれお味噌汁とご汁に分けてお出しすることもできますが」

私がよっぽど未練がましく見えたのだろう、見るに見かねた従業員さんが助け舟を出してくれた。勿論それに乗らない手はない。

「それでよろしくお願いしますっ!私はご汁でっ!!」

ここを逃す訳にはいかないと、私は即座にご汁をリクエストする。

「承知しました。では朝食ではそれぞれ小鍋で出させていただきます」

と、従業員さんは笑顔で対応してくれた。馬刺し、辛子蓮根、太平燕に比べて全国的にはマイナーな熊本名物をこれで確実に食することができるのだ。
美味しい夕飯を食べつつも、私は明朝出てくる熊本名物に思いを馳せる。だがそんな幸せな気分も夕飯の間だけであった。そう夕飯の後、旦那の『全裸のまま部屋から露天風呂移動』及び『窓の外で全裸踊り攻撃』が始まり、私の穏やかな夜は失われることになる。



(11/28~12/4 twitterにて掲載)

Back    Next


にほんブログ村 小説ブログへ
ランキング参加中vこちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。


こちらは画像表示型ランキングですv




ご汁―――この料理の名前及び正体を『竹ふえ』で初めて知りました(*^_^*)後日詳細を書かせていただきますが、素朴ながらこれが本当に美味しくて(^q^)少なくとも『死ぬ前に食べたい料理3品選べ』と言われたら確実に入るものです(๑•̀ㅂ•́)و✧
しかし食に保守的な旦那ときたら提案されたものを食べようとしない(-_-;)本当に竹ふえの従業員さんの気の利いた提案がなければ一生に一度の美味にありつけなかったのです(>_<)
あくまでも私の個人的な意見ですが『お店の人がイチ押しする、得体の知れないもの』は9割9分間違いなく美味しいです(*^_^*)何せマイナーなのにわざわざ紹介するくらいですからねぇ(●´ω`●)私はスーパーに並んでいるお刺身でもこれをやるのですが今までハズレはありません(*^_^*)(たまに珍しいお刺身が並ぶのです(#^.^#))

なお明日からの連載では旦那の本格的裸踊りについて書くことになります(-_-;)
関連記事
スポンサーサイト

 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【夏虫~新選組異聞~ 第十章第二十六話 さらば、会津・其の貳】へ  【拍手お返事&本当はこのまま育ってほしいんですけど(´・ω・`)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夏虫~新選組異聞~ 第十章第二十六話 さらば、会津・其の貳】へ
  • 【拍手お返事&本当はこのまま育ってほしいんですけど(´・ω・`)】へ