「雑  記」
拍手お返事&おまけ

拍手お返事&午後3時過ぎのほろ酔いオジサン

 ←夏虫~新選組異聞~ 第十章第二十四話 母成峠の戦い・其の肆 →烏のおぼえ書き~其の百七十四・昭和初期の公娼四宿
先週金曜日、会社の保養所に一泊するため箱根登山鉄道に乗ったのですが、その際偶然乗り合わせた集団が登山電車に乗るには違和感ありまくりの集団でした。とは言っても特殊な姿をしているわけではなく、ごくごくふつーのスーツ&革靴・・・でもかなり重装備の登山客や軽装でも歩きやすい姿のお客が殆どの登山電車の中で普通のサラリーマンというのはかなり違和感があるのです。
しかもうっすらと酒臭い/(^o^)\夜中に電車に乗り込んでくるほろ酔いオヤジ、という形容が多分一番ぴったり来る、という感じですかね(^_^;)普通の都市電車なら特に気にしないのですが、登山電車という特殊な電車に乗り込んできただけに違和感ありまくりでした。
で、このことを旦那に言ったところ『たぶん午後から酒入り一次会があって、その足で二次会会場と思われる旅館や会社の保養所に行ったんじゃない?』との返事がw
確かに箱根は色々な会社の保養所や会社と提携している旅館が多いですからねぇ(^_^;)帰りを気にせず呑みまくるには宿泊するのが一番ですし。そしてお酒が入っていたら車は運転できませんし、バスを借りるのもちょっと手間が・・・となるとやはり利用するのは登山電車になるのでしょう(゚∀゚)
しかしまだ十一月の半ば・・・忘年会には早すぎないか(・・?それとも紅葉狩りに来たのか(-_-;)でも絶対にあのオッサン達、紅葉なんか見ちゃいないぞ、と近くに居たオバチャンは確信しております(^_^;)

拍手コメントありがとうございますヽ(=´▽`=)ノお返事以下に書かせていただきますね~(^_^)/~






☆Nぽ様
こんにちは(*^_^*)先週はなんかバタバタしてしまって(^_^;)ねぎらいのお言葉もありがとうございます(〃∇〃)

まずは『紅柊』の感想お返事から(*^_^*)そうなんです、意外と手先が器用(な設定)の日寛、紅葉山でのお仕事もそれなりにそつなく出来ているようです。この手先の器用さがあったから感応寺でも経典の修繕をやらされていたのでしょう。(あとは女性の扱いに・・・以下ry)
このまま穏やかに過ごせたら本当に良かったんですけどねぇ(´・ω・`)今回進んでいってしまった道は一方通行、もう二度と御文庫には戻れません。果たしてこの結果がハッピーエンドなのかバッドエンドなのか・・・実は私もどちらにしようかいまだに迷っております(^_^;)結末を決められるのは多分更新直前かと(おいっ)宜しかったらこの二人の恋にもう少しだけお付き合いくださいませm(_ _)m

『夏虫』にもお言葉ありがとうございますm(_ _)m調べてみると伝習隊を置き去りに2度も先に撤退しているという会津軍(^_^;)それぞれ別の司令系統での戦いでしょうから一概に会津軍を責めることはできませんが、せめて逃げる際にひと声かけてくれたら・・・とつい思ってしまいます(´・ω・`)というか、幕軍&奥州列藩同盟の司令系統が一つだったらもう少しまともな戦い方が出来ていたんじゃないかと(-_-;)この辺が幕府軍が負けてしまった大きな原因なのかもしれません。
新選組もバラバラになりながらも母成峠からの撤退を試みております(>_<)特に斎藤さんは新選組本隊とはぐれてしまっておりますからねぇ・・・何とか無事下山をしてもらいたいものです(´・ω・`)
猪苗代の陣屋や土津神社、その他にも火を放ちながら若松での最終決戦へと向かう会津、そしてそんな会津に見切りを付けていく列藩同盟、更に会津を諦め更に北へと向かってゆく幕府軍と戊辰戦争の最終決戦へ向けて事態はどんどん進んでゆきます。後手後手に回っている幕府軍に勝ち目はありませんが、できるところまでは頑張ってもらいたいものです(๑•̀ㅂ•́)و✧

エッセイにもお言葉ありがとうございますm(_ _)m
芸妓の必要経費、予想以上に多かったのには驚きました(@@)これじゃあ一日ひとつふたつのお座敷じゃ賄えませんよ(-_-;)江戸時代には禁じられていた芸妓の裏稼業を遣らざるを得なくなるのも納得です(´・ω・`)
その一方、芸妓を通じての旦那衆のコネクションは思わず納得ですよね(#^^#)現代以上に他業種との繋がりが難しそうな時代だけに、こういったプライベートでの繋がりからビジネスの展開、というのはかなりあったかと思われます(#^^#)これで芸妓さんへのフィードバックがあれば万々歳なのでしょうけど・・・実際のところを知りたいものです(*^_^*)

チゲ鍋、美味しいですよね~(人´∀`).☆.。.:*・゚あまり辛いのが得意ではない我が家ですので、食べる時は小さな鍋が基本なのですが、それでもついつい食べたくなってしまいます(^q^)そしてメーカーさんによって味がかなり違うのもチゲ鍋は楽しくて(#^^#)
これから寒くなるにつれますます必需品になってゆきそうです(*^_^*)

Twitterまとめにも嬉しいお言葉ありがとうございますm(_ _)m旦那の醜態を晒しまくっておりますゆえ、お目汚しご容赦くださいませ(^_^;)

今週も一つ一つの記事に丁寧なコメントありがとうございますm(_ _)m単純な忙しさだけではなく、年齢的にも更年期にさしかかっているせいでしょうか、2~3年前に比べ集中力がだいぶ欠けてしまって(^_^;)
体力、集中力が衰えても書きたいものはまだまだあるので、能力が衰えてもコンスタントに書き続けられる方法を只今模索中です(^_^;)
ではでは今週末、そちらに伺わせていただきますね~(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【夏虫~新選組異聞~ 第十章第二十四話 母成峠の戦い・其の肆】へ  【烏のおぼえ書き~其の百七十四・昭和初期の公娼四宿】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夏虫~新選組異聞~ 第十章第二十四話 母成峠の戦い・其の肆】へ
  • 【烏のおぼえ書き~其の百七十四・昭和初期の公娼四宿】へ