「Twitter小説」
鉄ヲタ夫と歴女妻の鉄道オタク旅

鉄ヲタ夫と歴女妻の鉄道オタク旅~侮ってはいけないご当地プッチョ1

 ←夏虫~新選組異聞~ 第十章第十六話 再会と悲しみの報告・其の肆 →拍手お返事&並べたはずの箸の行方は・・・?
高千穂峡を後にした私達は暫く車を走らせ、道中で偶然見かけた道の駅らしき施設で昼食を取ることにした。できれば土地の名物を見つけ出して食べたかったところだが、高千穂峡からこの日の宿に行く途中、適当な店を予め見つけ出すことができなかったからである。
そこの食事処でうどんを食べた後、私達は隣接しているお土産屋さんを覗いた。宮崎県である高千穂とは違い、ここは熊本の土産物がずらりと並んでいた。

「自宅に持ち帰るお土産は最終日に買うからここではいいかなぁ」

と、何とはなしに呟いたその時である。『くまモン』がパッケージに描かれたお菓子が私の目の端を掠めたのである。それを手にとってよくよく見るとそれは関東でも馴染み深い『プッチョ』だった。だが味は今まで見たことも聞いたこともない『晩白柚』なる、柑橘系果実である。どうやら地方限定味というやつらしい。

「ばんぺいゆ?一体どんな味なんだろ?」

わざわざ県のブランド・くまモンをパッケージに描いているのだ。きっと自信作なのだろう。どんな味か気になるし、プッチョ一本くらいならかさばらない。値段も他のおみやげに比べたら可愛らしいものである。

「車の中で食べるおやつに丁度いいかも」

うどんを食べた後で口の中が微妙にしょっぱかったというものあり、甘いものが恋しかった。旦那がこの手のソフトキャンディを食べるかどうかは判らなかったが、プッチョ一本くらいなら自分ひとりで何とかなるだろう。

「すみませ~ん、これください!」

私は微妙に寂れた感じのレジの中に居たお姐さんに声をかけ、晩白柚味のプッチョ一本だけを購入した。できればもう少し何か買いたかったのだが、他にめぼしいおやつやお土産が見当たらなかったのだ。
くまモンの笑顔眩しいプッチョ晩白柚味―――この時は単に『珍しい味のご当地限定プッチョがある』としか認識していなかった。しかしこの1時間後、このプッチョによって思いもしなかった自体が引き起こされることになろうとは、このときの私は思いもしなかった。



(9/19~9/25 twitterにて掲載)

Back    Next


にほんブログ村 小説ブログへ
ランキング参加中vこちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。


こちらは画像表示型ランキングですv




偶然立ち寄った道の駅?ドライブイン?で見つけたご当地プッチョ。見た目の可愛らしさについ手に取ってしまいました(*´艸`*)
値段も100円前後でかさばりませんしねぇ(*´ω`*)
ただ出会いは偶然で小さなものだったんですが、このプッチョが後でとんでもない出来事を引き起こすことになります(^_^;)その詳細は明日からの連載にて。生あたたかく見守ってやってくださいませね~(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【夏虫~新選組異聞~ 第十章第十六話 再会と悲しみの報告・其の肆】へ  【拍手お返事&並べたはずの箸の行方は・・・?】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夏虫~新選組異聞~ 第十章第十六話 再会と悲しみの報告・其の肆】へ
  • 【拍手お返事&並べたはずの箸の行方は・・・?】へ