「雑  記」
烏のおぼえ書き

烏のおぼえ書き~其の百五十七・講武所

 ←拍手お返事&長引く咳の原因は・・・(>_ →猶次郎の許嫁・其の参~天保八年七月の再会
先週紹介した『外国奉行』が設置されたように安政年間、というかペリー来航以降、幕府は外交にかなりの危機感を感じておりました。
勿論外国奉行を中心とした交渉事をメインとしていたでしょうが、軍事も必須と思ったのでしょう。外国奉行よりも早い安政三年に旗本や御家人に軍事教育、軍事演習を受けさせる『講武所』が発足しました。やっぱり腐っても武士、『たたかう』の選択肢は捨てきれないようです(-_-;)
なお最初講武所は築地鉄砲洲にあったのですが、後に軍艦操練所としてこの場所を使うことになったので、安政6年には神田小川町に引っ越ししております。

講武所には剣術、槍術、砲術、弓術の四科があり、師範役は全期を合わせて49人ほどだったそうです。その中でも特に人気があったのが剣術で、江戸で有名な剣士たちが教授方として集められました。その際、新選組の近藤勇も候補として上がっていたのですが、身分云々で落選したとか・・・orzそれでも数多ある江戸の町道場の中、江戸の端っこの田舎剣術道場の道場主の名前が上がるというだけでもすごいことです(๑•̀ㅂ•́)و✧
(尤も旗本・御家人が百姓上がりの道場主の指導を素直に聞くとも思えませんが・・・奴らは子供の頃に通う学問所の頃からちょっとした身分差を罵り合っておりますからねぇ(^_^;)そこが幕府の弱さといえば弱さなのでしょう)

しかし、鉄砲、大砲主流の外国軍相手に剣術というのも、ねぇ(^_^;)幕府上層部はともかく、砲術はあまり人気がなかったようです。
そもそもこの時代『刀は人を斬るもの、鉄砲は畜生を殺すもの』という感覚があったようで、鉄砲は一段低く見られておりました。更に言ってしまえば砲術は弾道計算も必要となってきますからねぇ(^_^;)脳みそを使うのが苦手な脳筋武士は避けて通るでしょうwww
この辺も剣術人気に拍車をかけていたのかもしれません。

次回おぼえ書きは7/26、とうとう家門大名が政治の表舞台に立つこととなった『政事総裁職』について取り上げたいと思います(#^^#)



【参考・引用文献】
お江戸の役人 面白なんでも事典(中江克己著 PHP文庫)


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ 
INランキング参加中v
ご協力の程、よろしくお願い致しますm(_ _)m
 お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv
関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【拍手お返事&長引く咳の原因は・・・(>_】へ  【猶次郎の許嫁・其の参~天保八年七月の再会】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【拍手お返事&長引く咳の原因は・・・(>_】へ
  • 【猶次郎の許嫁・其の参~天保八年七月の再会】へ