「Twitter小説」
鉄ヲタ夫と歴女妻の鉄道オタク旅

鉄ヲタ夫と歴女妻の鉄道オタク旅~癒やしの指宿温泉編3

 ←夏虫~新選組異聞~ 第十章第四話 小さな鼓動・其の肆 →拍手お返事&梅雨時に水不足って・・・(´・ω・`)
Tシャツ&ハーフパンツの細マッチョのお兄さんも捨てがたいが、やはり伝統的砂かけ婆スタイルのお姉さんには敵わない。見てくれもそうだがその技術もである。砂に出来たくぼみに横たわった私に砂をかけてくれたのはベテランのお姐さんだったが、その砂のかけ方が絶妙なのだ。
得てして砂というものは崩れやすいので、ついつい多くかけすぎてしまう。湘南生まれの湘南育ち、幾度も砂に埋もれたり友人を砂に埋めて遊んだ経験持をつ私の経験での話だが、どうしても『完璧』を求め、きちんと埋めようとすると砂が多すぎ体に負担をかけてしまうのだ。
だが指宿のお姐さん達は客の身体に負担がかからぬよう『ふわり』と砂をかけてきた。さながらふんわりと握られる『おばあちゃんの握り飯』の如し、とでも言うのだろうか。それこそ掛け布団のような優しいかけ心地に、全身が瞬く間にリラックスモードになる。
そしてリラックスモードになった身体に染みこんでくるのが濃厚な温泉成分だった。浴衣を着ているにも拘らず温泉成分が体中に染みこんでくるのが判るのだ。砂からは10分経ったら出るようにとの注意があったが、確かにこの温泉成分の濃厚さ、そして温かさを考えると頷ける。
与謝野晶子もこの温泉を堪能し、『しら波の下に熱砂の隠さるる不思議に逢へり指宿に来て』と歌を詠んだという。きっと夫婦揃って砂蒸し風呂を堪能したのだろう。しかし私ら夫婦はそんな叙情あふれる愉しみ方など出来なかった。何故なら砂蒸し風呂の熱さに旦那が音を上げたからである。

「あづい!!もう出るっ!!」

砂に埋もれて7分後、熱さに耐え切れなくなった旦那が砂から這い出し逃げ出した。どうやら若いお兄ちゃんにかけられた砂が少々多すぎ、熱を蓄えすぎてしまったようだ。一方私の方はふんわりした砂により適度な温度が保たれている。
砂かけ姐さんの『ふんわり』した砂かけは、適度な熱を保つためなのだろう。規定時間いっぱいの10分間、砂蒸し風呂を堪能した私は砂を洗い流すために洗い場へと向かう。そして洗い場で砂を流し、ひと風呂浴びた後に砂むし温泉の本当の効能を知ることとなる。



(6/13~6/19 twitterにて掲載)

Back    Next


にほんブログ村 小説ブログへ
ランキング参加中vこちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。


こちらは画像表示型ランキングですv




全国に砂蒸し風呂というか砂かけ場は多くありますが、指宿温泉のものはそれらとは全く別物でした(@@)
浴衣越しでもはっきりと『効いてる!』というのが判るのですよ、温泉成分が!単に砂をかけたもの、またはほんのちょっとだけ温泉を浸したなんちゃって砂蒸し風呂とはレベルが違いました。
それもあったのでしょうが、少々砂を多くかけられすぎた旦那は本来10分まで堪能できる砂蒸し風呂に7分しか入ることが出来ませんでした/(^o^)\たぶん砂をかけてくれたお兄ちゃんに対して見栄をはったのでしょう(砂の分量はある程度調節してくれる。尤も初めてだったので勝手が判らなかったというのもありますが)

入っている時でさえここまではっきりと温泉の効能がはっきりと判る砂蒸し風呂ですが、この後は更にすごかった・・・その詳細は明日から書かせていただきますね~(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【夏虫~新選組異聞~ 第十章第四話 小さな鼓動・其の肆】へ  【拍手お返事&梅雨時に水不足って・・・(´・ω・`)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夏虫~新選組異聞~ 第十章第四話 小さな鼓動・其の肆】へ
  • 【拍手お返事&梅雨時に水不足って・・・(´・ω・`)】へ