「Twitter小説」
鉄ヲタ夫と歴女妻の鉄道オタク旅

鉄ヲタ夫と歴女妻の鉄道オタク旅~九州縦断強行軍編10

 ←夏虫~新選組異聞~ 第十章第一話 小さな鼓動・其の壹 →拍手お返事&久しぶりのヲタカラオケ♫
ラーメンでお腹を満たした私達は九州縦断の最後の列車『指宿のたまて箱』に乗り込んだ。今までの赤をメインとした列車と趣が異なり、この列車は黒と白のモノトーンである。そして浦島太郎の『玉手箱』の煙をイメージさせるミストがドアの上部から噴出するという演出もこの列車ならではだ。

kyusyu07.jpg

派手な柄の回転椅子に子供用の本や置物が置かれている棚、それを飾るタイルなど今まで乗ってきた列車と比べてかなり華やかで、親子連れを対象とした感じの列車である。だが、乗車しているのは指宿温泉目当てのオッサンオバサン外国人ばかりだった。平日なのでこれは仕方ないだろう。

「確かこの沿線からは桜島が見えるんだよね」

一通り列車の中を探検し、座席に座った私は隣の旦那に尋ねる。

「うん。錦江湾沿いに出るから今までとだいぶ景色は違うみたい」

そう、今日乗り継いてきた列車の中で、唯一海沿いを走るのがこの『指宿のたまて箱』なのだ。
更に言うならば天璋院篤姫の実家の別邸跡地が薩摩今和泉の近くにあるらしい。しかし目的地はあくまでも指宿、途中下車する予定も余裕も私達には無い。

「あ~あ。篤姫の実家、跡地でもいいから見たかったな~。知覧の武家屋敷も見れないしさぁ」

私は旦那に対して文句を言うが、いつもの如く私の文句に全く耳を貸そうともしない。旦那の気持ちは既に今夜宿泊する民宿と、その近所にある砂蒸し風呂なのだ。9割方諦めモードで窓の外を見ると車窓には桜島が見え始めている。ということは手前に見える海は錦江湾のはずだ。
人工物が殆ど無い海の景色、こんな景色を篤姫も見ていたんだろうなぁ、と感慨にふけりながらふと陸側を見る。すると武家屋敷らしき日本家屋がいきなり目に飛び込んできたのだ。慌ててそちら側の窓にへばりつくと、端午の節句の幟旗まではためいている。
場所からするときっと篤姫の実家・今和泉島津家ゆかりの武家屋敷に違いない。何故私はここで下車することが出来ないのか・・・車窓から去りゆく幟旗を見つめつつ、私は心の中で次回はきっと途中下車してこの場所を見てやると強く心に誓ったのだった。



(5/23~5/29 twitterにて掲載)

Back    Next


にほんブログ村 小説ブログへ
ランキング参加中vこちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。


こちらは画像表示型ランキングですv




とうとう九州縦断の最終列車『指宿のたまて箱』に乗り込むことが出来ましたヽ(=´▽`=)ノここまで本当に長かった・・・orz
他の列車が大人向けだったのと少々違いこちらはファミリー向けで、子どもたちが飽きないよう本やオブジェなども豊富でした(*^_^*)やはり指宿温泉に行く家族連れをターゲットにしたのでしょう。
しかし私はそんな電車そのものより沿線の今和泉に降りたかった・・・(T_T)関東の人間が九州最南端に極めて近いこの地に降り立つことなんて極めて難しいんですよ(´・ω・`)しかし今回はものの見事に素通り・・・あまりにあっさり通りすぎてしまったので写真を取ることさえ出来ませんでしたorz

そんな失意の私を乗せ列車は終着駅・指宿へ・・・明日からは指宿温泉編に突入します(*^_^*)
関連記事
スポンサーサイト

 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【夏虫~新選組異聞~ 第十章第一話 小さな鼓動・其の壹】へ  【拍手お返事&久しぶりのヲタカラオケ♫】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夏虫~新選組異聞~ 第十章第一話 小さな鼓動・其の壹】へ
  • 【拍手お返事&久しぶりのヲタカラオケ♫】へ