「雑  記」
烏のまかない処

烏のまかない処~其の二百五十・蕎麦フルコース2016

 ←白藤に誘われて・其の貳~天保八年四月の誘惑(★) →烏のがらくた箱~その三百十七・昨晩の地震、本当にびっくりしました(@@)
soba2016.gif
先週の金曜日になりますが、今年も美術展の反省会と称して蕎麦のフルコースを食べに行きました(*´艸`*)
毎年同じ店、同じ時季に行くのですが、毎年違ったものが出てくるんですよね~(^q^)料理の新作は勿論なのですが(今年は海老しんじょの天ぷらと変わり春巻きが新作だった)蕎麦そのものもバージョンUPするんです(●´ω`●)

特に今年の蕎麦&桜うどんは味が例年に増して濃くなり、更にめんつゆもそれに負けじと濃い目、辛口となっておりました。あれは江戸蕎麦でいうと藪そば系なんでしょうかねぇ・・・それこそ蕎麦を完全につゆにつけてしまうと、辛くて食べれなくなるほど濃ゆいのです。だからこそ1/3だけつゆにつけてすするという、粋な蕎麦の食べ方が可能となるわけですが・・・。
(基本的にがっつりめんつゆにつけて蕎麦を食べる田舎者です、私はwww)

しかし、あれだけ濃い付けつゆだと出汁もかなり贅沢に引かないといけませんし、醤油もみりんもしっかりしたものじゃないと出来ないはずです。現代ならいざ知らず、もし江戸時代にあれに近いものを作っていたとしたら相当高価だな~とつい思ってしまうのですよ。
何せ醤油、みりんは味噌と違ってプロしか作れない調味料ですし、鰹節も贈答に使われたほどの高級品です。伊豆で作れるようになるまではそう簡単に庶民の口には入らなかったんじゃないかと・・・。そんな贅沢な食材を惜しげも無く使い、提供していたとなると本当に江戸っ子の意地と張りの食べ物=蕎麦なのかもしれません。というか、これって現代のラーメンにも通じるかも・・・。
スープや出汁にこだわり、それを格安の価格で提供する麺類、何となく江戸時代から続いている日本人のDNAを感じてしまいます(^_^;)
(外国のラーメンはバカ高いですけど、もしかしたらあれが適正価格なのかも・・・某アイドルが一年近くかけて作っていたラーメンも提供するなら2000円くらいっていってましたしねぇ)

次回まかない処は4/21、実は明日が結婚記念日なので明日のディナーを取り上げるかと思います♪
(ちょっくら箱根まで足を伸ばしてきます。なのでできるだけ『夏虫』を今日中に仕上げないと・・・(-_-;)更新が遅れるようなら明日のがらくた箱にてご連絡いたします(^_^;))



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv



こちらは画像表示型ランキングですv

どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv
関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【白藤に誘われて・其の貳~天保八年四月の誘惑(★)】へ  【烏のがらくた箱~その三百十七・昨晩の地震、本当にびっくりしました(@@)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【白藤に誘われて・其の貳~天保八年四月の誘惑(★)】へ
  • 【烏のがらくた箱~その三百十七・昨晩の地震、本当にびっくりしました(@@)】へ