「Twitter小説」
鉄ヲタ夫と歴女妻の鉄道オタク旅

鉄ヲタ夫と歴女妻の鉄道オタク旅~九州縦断強行軍編2

 ←夏虫~新選組異聞~ 第九章 第二十三話・それぞれの進む道・其の参 →拍手お返事&Evernoteでキャラ管理(オリジナル&ボカロ)に挑戦中(`・ω・´)ゞ
流石に新幹線も停車する熊本駅、はエレベーターもエスカレーターもお土産売り場も存在した。しかし獲物を前にした乗り鉄が大人しくエスカレーターやエレベーターに乗っていられるはずが無いということを私はすっかり失念していたのである。

「やっぱりこれはまずいよね」

何と旦那は人様への迷惑を顧みず、大荷物を抱えたまま強引にエスカレーターの空いている通路を進み始めたのだ。さすがに一瞬躊躇したが、右も左も分からない旅先の駅で離れたら確実に迷子だ。仕方なく私も旦那の後について行く。
ただでさえ細いエスカレーターなのに大荷物を持っての移動となると、どうしても隣の人とぶつかってしまう。結局一人ひとりに謝り倒しながら私はエスカレーターを上りきった。これだったらエレベーターの方が早くて楽だ。しかし『餌』を目の前にした鉄ヲタに、そんな理屈は通じない。
一分一秒でも早く特急列車『くまかわ』が見たい―――今現在旦那の頭の中を占めているのはその思いだけだろう。でなければ他に幾らでも見どころのある九州に来てひたすら特急を乗り継ぐというバカな真似はしない。そんな愚痴を心の中で呟いたその時である。
目の前に窓が黒く縁取られた真っ赤な車体の電車―――『くまかわ』が停車していたのである。

kyusyu04.jpg
特急と言っても決してスマートな形ではない。どちらかというと通勤電車のようなフォルムだが、そこがまたレトロ感と愛嬌を感じさせる。
更に車内運転席の後ろに展望室らしき、ガラスに仕切られた小部屋があった。どうやらそこから運転手越しに景色を見てくれというスペースらしい。さすが水戸岡先生のデザインだけあって斬新だ。というか完全に鉄ヲタ仕様の作りである。
この時は単に『あ、鉄ヲタが好きそうなデザインのミニ展望室だな』としか思わなかったのだが、この20分後、私はこの鉄ヲタホイホイな展望室によって極めて恥ずかしい思いをすることになる。




(3/28~4/3 twitterにて掲載)

Back    Next


にほんブログ村 小説ブログへ
ランキング参加中vこちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。


こちらは画像表示型ランキングですv




ほんの思いつきですが、九州縦断強行軍編にはたまたま画像が残っておりましたので、該当する電車の画像を貼らせていただくことにしました(*^_^*)
実はこの写真、鉄ヲタ亭主を持つ人間ならではの苦労がありまして・・・私は『列車だけ』の写真を撮りたいのに、旦那が入り込んでくるのですよ(-_-;)列車との2ショット写真を撮りたいがために(>_<)さすがに『邪魔だ、どけ!』とも言えませんし、しかたなく旦那入りの写真も撮りますが、そんな中苦労して撮った画像達です(*^_^*)乗り換え時間の関係もあり、撮れなかった列車もありますが(はやとの風は撮れなかった)、極力画像が残っていたらUPしていきます(*^_^*)

明日からの連載は、『くまかわ』内での羞恥プレイになります(>_<)
関連記事
スポンサーサイト

 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【夏虫~新選組異聞~ 第九章 第二十三話・それぞれの進む道・其の参】へ  【拍手お返事&Evernoteでキャラ管理(オリジナル&ボカロ)に挑戦中(`・ω・´)ゞ】へ

~ Comment ~

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです

T様、ご来訪ありがとうございますm(_ _)m 

初めまして、拙宅『暁光碧烏』に足をお運び頂きありまとうごさいますm(_ _)m
お申し出の件ですが、自ブログ運営で手一杯なので、誠に申し訳ございませんが辞退させていただきます。
誠に申し訳ありませんが、T様のサークル運営が順調でありますこと願っております。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夏虫~新選組異聞~ 第九章 第二十三話・それぞれの進む道・其の参】へ
  • 【拍手お返事&Evernoteでキャラ管理(オリジナル&ボカロ)に挑戦中(`・ω・´)ゞ】へ