「Twitter小説」
鉄ヲタ夫と歴女妻の鉄道オタク旅

鉄ヲタ夫と歴女妻の鉄道オタク旅~はるばる九州・博多編5

 ←夏虫~新選組異聞~ 第九章 第十九話・無血開城とまつろわぬ者達・其の参 →拍手お返事&オジサンとオバサンの境界線を超える時(-_-;)
九州鉄道博物館に到着する直前、他のイベント会場以上の人だかりに遭遇した。そこは小さな駅で、皆そこから停車している小さな列車に乗り込もうとしているらしい。そして列車と知った途端興味を示しだした旦那が駅の方へ向かい、何が起こっているのか確認する。

「何か特別にトロッコ列車が走るみたいだね」

旦那の指摘通り、駅には『潮風号』なる真っ青なトロッコ列車が停車していた。しかも発車直前でまだ乗車に余裕があるというのだ。こんな美味しそうな餌を前に飛びつかない鉄ヲタはいない。

「これに乗るよ」

と、私の意見など全く聞かず、さっさと二人分の乗車券を購入し、旦那はトロッコ列車に乗り込んだ。こうなると誰にも止められない。私も仕方なく旦那に続いて乗り込むが、実はこれが歴史ヲタ爆発へと繋がろうとはこの時全く思いもしなかった。


トロッコ列車は暫くの間走り続け、少し開けた場所に到着した。ちょっと見には普通の公園のようだったが、わざわざ駅を作るのだから何かしらあるに違いない。旦那もそう思ったらしく、戻りの列車が来るまで周囲を歩いてみようと言い出した。
公園は海に沿うような形であり、海側には遊歩道が整備されている。とりあえず歩きやすそうだということで遊歩道を歩き始めると、やけに目立つ石碑やら看板やらが目に入ってきた。一体何が書かれているのか、私は近づき看板の一つの文面に目を通す。
それはすぐ傍にある石碑『句塚』の由来が書かれたものだった。門司俳人協会が供養のために設けたものとのことだが、その供養の相手がとんでもなかった。

「二位尼に安徳天皇・・・しかもここは壇ノ浦海域で向こう岸が壇ノ浦、だと?」

そう、その句塚は壇ノ浦の合戦で命を落とした源平の兵士数千人の供養をし、その戦史を語り継ぐために建てられたものだった。私は思わず看板から視線を上げ、目の前に広がる壇ノ浦海域をまじまじと見つめてしまった。



(3/1~3/7 twitterにて掲載)

Back    Next


にほんブログ村 小説ブログへ
ランキング参加中vこちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。


こちらは画像表示型ランキングですv




ふらりと乗ってみたトロッコ列車の行き先は、何と壇ノ浦合戦場でした/(^o^)\
正確には向こう岸が壇ノ浦だったのですが目の前が合戦場だということには変わりなく、歴史ヲタとしては思いっきり滾ってしまいました(๑•̀ㅂ•́)و✧
ただ、この場所は源平の合戦場だっただけでなく、もう一つ有名な歴史的対決の舞台があるんですよ。ご存じの方はご存知だと思うのですが・・・明日からの連載でそこまで書き切れればなぁ。ちょっと頑張ってみます(^_^;)
関連記事
スポンサーサイト

 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【夏虫~新選組異聞~ 第九章 第十九話・無血開城とまつろわぬ者達・其の参】へ  【拍手お返事&オジサンとオバサンの境界線を超える時(-_-;)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夏虫~新選組異聞~ 第九章 第十九話・無血開城とまつろわぬ者達・其の参】へ
  • 【拍手お返事&オジサンとオバサンの境界線を超える時(-_-;)】へ