「Twitter小説」
鉄ヲタ夫と歴女妻の鉄道オタク旅

鉄ヲタ夫と歴女妻の鉄道オタク旅~江差ヲタ主婦一人旅編3

 ←夏虫~新選組異聞~ 第九章 第一話・鳥羽・伏見の戦い・其の壹 →拍手お返事&とうらぶ日記25・6-4、検非違使出ても日本号は未だ出ず/(^o^)\
普段全く信心していない奴が困ったときだけ祈り倒しても願いは叶わないものである。今回もその例に漏れず、電車は10分経過しても動く様子を見せなかった。確実にバスに乗り遅れるパターンである。となると、判断を迫られるのが江差への行き方だ。

「う~ん、函館に一度出てから江差に向かったほうが良いのか、それとも八雲からバスを乗り継ぐか、タクシーを拾ったほうが良いのか・・・でも片道2時間の道のりのタクシー代、怖いしなぁ」

というか、八雲駅にタクシーが常駐しているかも極めて怪しい。ここは思い切って函館周り、松前経由江差行きという幕府軍江差侵攻コースを取るべきなのかもしれない。うん、きっと新選組ヲタの神様がそうしろと言っているのだ、そうしよう―――と思ったその瞬間、新たなアナウンスが流れだした。

『八雲発江差行きのバスはこの電車が到着するまで運行を待ってくださるとのことです。バスをご利用のお客様は速やかに駅改札近くのバス停へ向かってください』

一瞬耳を疑うような、私にとって都合が良すぎるアナウンスが耳に飛び込んでくる。既に遅延は20分近くになっている。それなのにバスは待っていてくれるというのか―――首都圏では絶対にあり得ない事態だが、どうやらここではあり得るらしい。同じアナウンスが何度も繰り返される。これならばバスで江差に行けそうだ。
そしてアナウンスが有った5分後、ようやく電車は動き出した。時折ゆっくりとした速度になったが、予定時間よりも30分ほど遅れてスーパー北斗2号は無事八雲駅に到着した。勿論私は停車するなり電車から飛び出し、大急ぎでバス停へと走りだす。

「頼む!どうか間に合ってくれ!!」

40歳過ぎるとそう滅多に本気で走る機会はない。それだけに思うように脚が動かずもどかしい。だけどここで走らねば江差にはいけないと私は死にものぐるいでひたすら走り続けた。




(10/12~10/18 twitterにて掲載)

Back    Next


にほんブログ村 小説ブログへ
ランキング参加中vこちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。


こちらは画像表示型ランキングですv




まさかまさかの奇跡が起こりました\(^o^)/遅延した電車をバスが待っていてくれたというのは実話でして、この時は本当に神様はいるんだ、と心の底から思いましたよwww
都市部では絶対にあり得ないことですが、一日に2本しかバスが来ない路線ならではの心遣いなんだと思います。
明日からの連載では辛うじて乗り込んだ?かもしれないバスに乗って江差に向かいます♪
関連記事
スポンサーサイト

 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【夏虫~新選組異聞~ 第九章 第一話・鳥羽・伏見の戦い・其の壹】へ  【拍手お返事&とうらぶ日記25・6-4、検非違使出ても日本号は未だ出ず/(^o^)\】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夏虫~新選組異聞~ 第九章 第一話・鳥羽・伏見の戦い・其の壹】へ
  • 【拍手お返事&とうらぶ日記25・6-4、検非違使出ても日本号は未だ出ず/(^o^)\】へ