更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2015年05月  】 

拍手お返事&暑いし揺れるし・・・一体どうなっているの(>_<)

拍手お返事&おまけ

2015.05.31 (Sun)

 ここ最近、関東ではやたら暑い日が続いております(>__...全文を読む

星龍旗の戦士達の物語~そして、新たなる旅立ち(最終回)

星龍旗の戦士の物語

2015.05.31 (Sun)

 レンシのあまりの剣幕に、フィクリヤは目を丸くする。「・・・おい、レンシ。気持ちはありがたいが、場所をわきまえたらどうだ?」「あ、すみません。参謀長」周囲の視線に気が付き、レンシは顔を赤らめた。「でも・・・俺、参謀長のことが好きなんです。部下としてではなく、一人の男として」もしかしたらフィクリヤの下で働けなくなる―――そんな焦燥感が、レンシに妙な度胸を与えているようだ。今まで秘めてきたフィクリヤへの想...全文を読む

夏虫~新選組異聞~ 第八章 第十二話・大政奉還・其の肆

夏虫・第八章

2015.05.30 (Sat)

 「・・・・・・中年増の、きれいなお方です」 間違いなくそれは琴だろう――――――中居の言葉に、土方は急ぎ足で玄関へと向かう。すると、玄関の外で所在なく立ち尽くしている琴がいた。「おい、琴!おまえ、わざわざ見送りに来てくれたのか!」 土方は笑顔を見せながら琴に近づく。すると琴は少し困ったような笑みを浮かべつつ口を開いた。「ええ。今度の上洛は・・・・・・本当に大変みたいだし」 言葉少なだが、その声は思いつめ...全文を読む

烏のがらくた箱~その二百七十一・アルファポリスの『第一回歴史・時代小説大賞』にエントリーしました(`・ω・´)ゞ

烏のがらくた箱

2015.05.29 (Fri)

 前々からこちらにも書かせて頂いておりましたが、6月1日から始まるアルファポリスさんの『第一回歴史・時代小説大賞』にエントリーさせていただくことになりましたm(_ _)m拙宅からの出品作品は『葵と杏葉』及び『紅柊』なのですが・・・『紅柊』の方は取り敢えずエントリーしているだけ、正直あまり力を入れておりません(^_^;)ていうか、まだ完結まで年単位でかかるし/(^o^)\一応『本命』は、拙宅で唯一完結している長編『葵と杏...全文を読む

烏のまかない処~其の二百五・るみばあちゃんのおうどん

烏のまかない処

2015.05.28 (Thu)

 近所のスーパーで珍しく四国フェアが行われており(九州、北海道は多い)、その際購入した讃岐うどんです(*´ω`*)TV等々でお名前だけは存じ上げていたるみばあちゃん、さすがに香川に食べに行くことは難しいですが、これならばと即購入♪13分~15分という、普段冷凍うどんに慣れている関東人としては脅威の長さの茹で時間にビビりつつ調理いたしました(*´艸`*)ただ問題なのがその固さ・・・実は私も旦那もうどんは柔らかめというか...全文を読む

幕末明治つまべに草紙・其の陸~横浜芸者のヒモ

幕末明治つまべに草紙

2015.05.27 (Wed)

  しとしととそぼ降る雨の音に、横浜芸妓のお鉄は目を覚ました。見慣れた天井に味噌汁の匂い――――――どうやら無事自宅に帰ってくることができたようだ。「おはよう、お鉄。朝飯は・・・・・・というより昼飯だな。少しは食えるかい?」 宿酔を気遣った柔らかく、低い声がお鉄に語りかける。それは同居人――――――というよりヒモの仙吉だった。たすき掛けに姉さん被りのその姿は、市井のおかみさんそのものだ。「ん・・・・・・お味噌汁...全文を読む

ボカロ小説 聖龍協奏曲~奏国物語 幕間・皇帝と一角獣の処女3(★)

聖龍協奏曲~奏国物語

2015.05.26 (Tue)

  仄かな蜜蝋の灯りの下、ルカは初めて感じる異物感とそれに伴う痛みに耐えていた。あられもなく広げられた両脚の間には皇帝が陣取り、ルカの蜜壺に指を挿し入れている。奏国でも五指に入る腕前の剣士である皇帝の指は、貴族とは思えぬほど節くれだっており、狭隘なルカの蜜壺を容赦なく蹂躙してゆく。「ふ・・・・・・あっ」 慣れない痛みに耐えながら、ルカは息を吐き出す。ただ、その吐息は先程に比べて甘さを含んでおり、徐々...全文を読む

烏のおぼえ書き~其の九十七・老中支配と若年寄支配&番方と役方

烏のおぼえ書き

2015.05.25 (Mon)

 江戸後期~明治時代を中心に駄文を書いておりますが、実は江戸時代の役職の事って名前だけしか知らなかったりします(>_...全文を読む

拍手お返事&箱根放浪記

拍手お返事&おまけ

2015.05.24 (Sun)

 一昨日から昨日にかけて、箱根にある旦那の会社の保養所に行ってきましたヽ(=´▽`=)ノその住所が姥子・・・箱根ロープウェイだと大涌谷の隣の駅で、立入禁止エリアのすぐ外側なんですよwwwそのため、いつも使用している道路が使えず、ちょっと道を間違えたりしましたが、無事宿泊することが出来ました(*^_^*)ていうか、大涌谷三叉路~大涌谷の道路が封鎖されている意外は本当に平穏だったんですよね~。確かに大涌谷からの音は大...全文を読む

星龍旗の戦士達の物語~戦後処理4

星龍旗の戦士の物語

2015.05.24 (Sun)

 ホテル・リッツ・クリュセの最上階にある地球食レストランからは、クリュせ・シティの夜景が一望できる。その夜景を眼下に見ながら、レンシとフィクリヤはワイングラスを傾けた。「それにしても参謀長・・・似合いますね、そのカクテルドレス」レンシは目の前にいるフィクリヤを眩しそうに見つめる。普段の軍服と違い、柔らかなサーモンピンクのカクテルドレスはフィクリヤをより女性らしく見せている。モデル顔負けのスタイルの良...全文を読む

夏虫~新選組異聞~ 第八章 第十一話・大政奉還・其の参

夏虫・第八章

2015.05.23 (Sat)

 「・・・・・・これが最後になるかもしれねぇ」 掠れ、絞りだすような土方の声は決して大きくはなかったが、それだけに琴に衝撃を与えた。冗談めかすなり大仰に言ってくれれば琴も笑い飛ばすことが出来たかもしれない。だが、その声音はあまりにも感情に乏しく、淡々としている。本気だからこその土方の静かな声に、琴は耳の奥がつぅん、と痛くなるのを感じた。 幕府方としては内戦を防ぐために大政奉還に踏み切ったのだろうが、...全文を読む

烏のがらくた箱~その二百七十・本日夕方から箱根に行って来ま~す(^_^)/~

烏のがらくた箱

2015.05.22 (Fri)

 行けるかどうか怪しいところがあった箱根の保養所ですが、辛うじて行けることになりました(∩´∀`)∩ワーイ県道の通行止めエリアがちょっと気になるところですが、場所自体は規制区域から外れておりますし、会社からも言っちゃダメとのお達しは未だに無いとのことですので(*^_^*)それにロープウェイは未だ止まっていますが、バスによる代替輸送も始まってますから問題は無いでしょう♪場所的には報道陣がたむろっている仙石原より大涌谷...全文を読む

烏のまかない処~其の二百四・かおりの蔵PUREMIUM

烏のまかない処

2015.05.21 (Thu)

 ポン酢に限らなのですが、調味料ほど味と価格が正比例するものはありません。料理になると、作り手の腕によって安い食材でも美味しくすることは可能ですが、調味料だけはねぇ・・・。最初は唐辛子にハマって色々試し、結局八幡屋礒五郎の七味に落ち着いた私ですが、今度はポン酢の泥沼にはまり込みそうですwwwそう、元々はミツカンさんのスタンダードなポン酢を使っていたんですよ、我が家も。しかし数年前から近所のスーパーの...全文を読む

皐月の風がもたらすもの・其の参~天保七年五月の知らせ

丙申・春夏の章

2015.05.20 (Wed)

  初夏の日差しが眩しいこの日、川越街道に続く板橋宿には銀兵衛家族とそれを見送りに来た芳太郎や五三郎、その他数人の門弟達がいた。「わざわざすみません、こんなところまで見送りに来てくださって」 旅姿の喜代が見送りに対して深々と頭を下げる。「いえいえ、お気になさらずに。何せ俺達の兄分ですからね、銀兵衛さんは」「むしろ喜美ちゃや銀太くんのお父上を横取りしちまって申し訳ないかな」 そう言いながら五三郎は、銀...全文を読む

ボカロ小説 聖龍協奏曲~奏国物語 幕間・皇帝と一角獣の処女2(★)

聖龍協奏曲~奏国物語

2015.05.19 (Tue)

  ユニコーン隊の天幕が二つはすっぽり入ってしまいそうなほど大きな皇帝の天幕、その中に皇帝とたった二人きりにされてしまったルカは、ただひたすら身体を強張らせていた。 皇帝に肩を掴まれたと思うや否や、抵抗する間もなく唇を奪われたのである。それだけでもかなりの衝撃だが、更に皇帝の舌がルカの唇を割って侵入してきたのだ。 夜伽のために召し出されたとはいえ、どのように皇帝に接すればいいのか全く解らない。ただ、...全文を読む

烏のおぼえ書き~其の九十六・江戸時代の初鰹のお値段

烏のおぼえ書き

2015.05.18 (Mon)

 目には青葉 山ほととぎす 初鰹――――――山口素堂の句が似合う季節になりました(*^_^*)新緑も、杜鵑の歌声も素晴らしいものではありますが、やはり下々としては食い気に心が一番動く!ということで今回は初鰹、特に価格について取り上げたいと思います。『初物を食うと七十五日間長生きする』と言われ、初物が特に珍重されていた江戸時代、特に武家にとって『勝ち魚』と縁起が良いカツオは特別なものだったようです。昔読んだ資料には...全文を読む

拍手お返事&とうらぶ日記15・虎徹入手率、26日まで10倍じゃなかったの・・・(T_T)

拍手お返事&おまけ

2015.05.17 (Sun)

 ・・・というふうにアナウンスがあったはずなのに、ここ最近局長刀・長曽根虎徹どころか浦島くんさえ出てきてくれませんorz確かにLv.80台からLv.90台に上がったばかりで、A勝利の数が少なっているということもあるのでしょうが、それでも検非違使戦の半分はA勝利取っているんですよねぇ(>_...全文を読む

星龍旗の戦士達の物語~戦後処理3

星龍旗の戦士の物語

2015.05.17 (Sun)

 カーラ共和国とケパロスの終戦交渉は難航を極めたが、最終的にはカーラ共和国にかなり有利な条件で締結された。「わざわざ火星まで来た甲斐がありますよね、参謀長!」まるで自分が直接交渉したかのようにレンシははしゃぐ。そんなレンシに対し、普段なら『少しは落ち着け!』と窘めるはずのフィクリヤだが、この日は珍しくレンシに同意したのだ。「・・・ああ、そうだな。戦の神の名を冠した星で停戦交渉というのも皮肉だが」「あ...全文を読む

夏虫~新選組異聞~ 第八章 第十話・大政奉還・其の貳

夏虫・第八章

2015.05.16 (Sat)

  大政奉還の第一報を知った翌日、近藤は正親町の三条実愛との会談を果たす。反対派の抵抗はあるかも知れないが、上辺だけはすんなりと政治主権は朝廷に移行されるだろうと三条は告げる。「せやけど、公家に細々したまつりごとを任されてもなぁ・・・・・・なんやかんや言うても実務は大樹公にお任せすることになりますやろな」 要は大きな戦を避けるための方便なのだろうと三条は告げる。その言葉に近藤はほっと胸を撫で下ろした...全文を読む

烏のがらくた箱~その二百六十九・やっと『忙しい』のヤマを超えた~/(^o^)\

烏のがらくた箱

2015.05.15 (Fri)

 ここ2ヶ月ほど何かと忙しかった介護関係の諸々がようやく終わろうとしておりますワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ介護報酬の変更によりリハビリの事業所さんの変更を余儀なくされ、更に2年に1回の介護認定&契約更新などなどが重なり、何かと忙しかったのですよ(-_-;)肉体的にはそれほどの疲れはないのですが、精神的にちょっと・・・拾の父親ですが人格的に色々問題がありますので精神的疲労度がハンパないのです(>_...全文を読む

処烏のまかない処~其の二百三・粽

烏のまかない処

2015.05.14 (Thu)

 粽―――端午の節句につきものですが、結婚する前は殆ど食べたことがありませんでした。関東人特有の濃い味好きだったこともあり、粽=中華ちまき派だったもので・・・具材の入っていない、日本の粽って苦手だったんですよねぇ(^_^;)とは言うものの、GWの帰省の際お土産として持たされる上に、旦那は笹だんご派なものですから(粽は食べようとしない)結局私が食べざるを得ず、いつの間にか食べるようになりました(*^_^*)そして食べ慣...全文を読む

皐月の風がもたらすもの・其の貳~天保七年五月の知らせ

丙申・春夏の章

2015.05.13 (Wed)

  銀兵衛の報告は吉昌を通じて奉行所、腰物方奉行へ伝えられる。その一方川越藩主からも同様の内容が老中・大久保へと伝えられた。紅葉山文庫に呼び出された吉昌は、大久保からその話を持ちだされる。「とうとう追い詰められてきたな。南町奉行所からも古石場に潜んでいるかもしれないという情報が入っているし、新實の捕縛も時間の問題か」 長きにわたる懸案が解決されるかもしれないという安堵からか、心なしか大久保の口調は軽...全文を読む

ボカロ小説 聖龍協奏曲~奏国物語 幕間・皇帝と一角獣の処女1

聖龍協奏曲~奏国物語

2015.05.12 (Tue)

  奏国首都・華都の手前にある宿場町・槐峡で、奏国軍は暫しの休息を取っていた。ここで身なりを整え凱旋するのだ。多くの国民が見物に押しかけると予想されるだけに戦で汚れた姿で凱旋する訳にはいかない。準備は着々と進んでおり、既に先触れも出している。後は出立の号令を待つばかりなのだが、この三人だけはそうはいかないようであった。「いいか、用をたす時は厠に入ること!グリアーノと違って草むらなんて無いんだからな!...全文を読む

烏のおぼえ書き~其の九十五・両替商

烏のおぼえ書き

2015.05.11 (Mon)

 今回取り上げるのは両替商なのですが、その前に江戸時代のお金の種類についてさくっと触れておきます。江戸時代、流通していたお金は3種類、金貨、銀貨、銅貨でした。で、その使われ方を見てみると・・・。金=江戸を中心に使用。たぶん幕府が金を支配しており、その関係で武家が多い江戸で流通していたんじゃないかと思われます。ただ金は純金のままだと硬度に欠けるので混ぜ物をするんですよね~(-_-;)それによって改鋳して流通...全文を読む

拍手お返事&とうらぶ日記14・やっと6-1クリア出来ました(ヽ´ω`)

拍手お返事&おまけ

2015.05.10 (Sun)

 池田屋の記憶が開放されておよそ半月、GWの帰省を挟んでようやく6-1クリアすることが出来ましたε-(´∀`*)ホッいや~本当に脇道が多いこと多いこと(>_...全文を読む

星龍旗の戦士達の物語~戦後処理2

星龍旗の戦士の物語

2015.05.10 (Sun)

 停戦交渉の交渉団の話を聞いてから銀河共通時間で24時間後、カーラ共和国停戦交渉団が銀河連邦運営本部のある火星・クリュセにやってきた。先鋒隊として先にクリュセに降り立っていたレンシ達はクリュせ空港に出向いて交渉団を出迎える。「マフディ先生、ご無沙汰してます!よぉ、バドゥル!久しぶりっ!」まるで子犬のようにはしゃぐレンシにバドゥルも笑顔で応じる。「前線勤務、ご苦労様!今回の件でかなり評価を上げたじゃない...全文を読む

夏虫~新選組異聞~ 第八章 第九話・大政奉還・其の壹

夏虫・第八章

2015.05.09 (Sat)

 「大変だ!幕府が・・・・・・大樹公が大政を奉還なされた!」 屯所中に響き渡る大音響とその内容に、その場にいたすべての者が凍りつく。まさか幕府が表明することは無いであろうと思われた大政奉還、それを予想以上に早く表明したのだ。しかもよりによって土方が東下中というこの時期である。屯所内はにわかに騒然となる。「う、嘘だろ、近藤さん!」 騒ぎを聞きつけた原田が屯所の奥から飛び出してくる。風呂にでも入っていた...全文を読む

烏のがらくた箱~その二百六十八・箱根よ、早く鎮まってくれ~(>_<)

烏のがらくた箱

2015.05.08 (Fri)

 正直言います。生まれも育ちも神奈川・湘南、丹沢山系は小学校の頃から遠足で行っていたのに、箱根山がいつ噴火してもおかしくない、24時間監視下にある活火山だったと知ったのは御嶽山の出来事の後でした・・・(-_-;)そしてこの『噴火するかもしれない騒動』ですよ(´・ω・`)てか、大涌谷=温泉&黒たまご製造場所としか認識が無かった自分が甘かったのですが、多分箱根在住意外の神奈川県民の認識なんてそんなもんだと(おいっ)富...全文を読む

烏のまかない処~其の二百二・変わり柿の種

烏のまかない処

2015.05.07 (Thu)

 得てしてスタンダードの商品がしっかりしたものだと、アレンジもしやすくなると申します。柿の種もまた例外ではなく、ここ最近色んな種類のものが・・・/(^o^)\特に浪花屋さんの柿の種はこのジャンルのパイオニアらしく、毎年色んな物を出してくれるので帰省ごとの楽しみになっております(*´艸`*)というか、本当は去年購入したチーズ味を目当てにしていたのですが、今年は『チョコ』『ホワイトチョコ』『カフェオレ』『きなこ』...全文を読む

拍手お返事&とうらぶ日記13・どうやら検非違使もGW休みに突入しているようでして・・・

拍手お返事&おまけ

2015.05.06 (Wed)

 局長刀・長曾根虎徹狩りを目指し、クソ忙しい中時間を見つけてはゲームを行っているのですが・・・検非違使が出てきてくれません(T_T)金曜日のメンテ前までは出陣1回すれば必ず一度は出会えた(二度いときには2度も出くわした)検非違使なのに、メンテが終わったらGWモードに突入してしまったようでorz良くて2回に一度、だいたい3回に一度出て来るといった感じですかねぇ。ヒドイ時は日課さえこなせないほど我が合戦場担当の検非...全文を読む

皐月の風がもたらすもの・其の壹~天保七年五月の知らせ

丙申・春夏の章

2015.05.06 (Wed)

  五月晴れの空の下、平河町の山田道場は一種独特の緊迫感に包まれていた。押し殺した息遣いの他、藁胴や本物の胴を斬る音とそれらを設置、片付ける音しかしない。その中央にいるのは五三郎と猶次郎だった。 二人共、九月の御様御用に向けての稽古をしているのだが、今回はそれ以上の重さが――――――次期山田浅右衛門の銘がかかっているだけにこの緊張感は当然だろう。しかし今は五月、本番まで四ヶ月もあるのだ。「二人共!気持ちは...全文を読む

烏のがらくた箱~その二百六十四・ざっくり今後のストーリー展開予告・ボカロ小説編

烏のがらくた箱

2015.05.05 (Tue)

 GWの置き土産・ざっくり今後のストーリー展開予告・ボカロ小説編です♪今までの3話を『遠征編』とするならば、次からは『宮廷編』になります。一応『捕虜』として連れて来られたメイコとミクですが、その強力な魔力を飼い殺しにしておくほど奏国政府はボンクラではありません/(^o^)\メイコやミクの処遇を巡って宮廷内でどんな駆け引きがあるのか、そして狄国の反撃がどうなるのか・・・今のところこんな感じで構想しております♪◆...全文を読む

烏のおぼえ書き~其の九十四・江戸の金魚のお値段

烏のおぼえ書き

2015.05.04 (Mon)

 (地域的にはちょっと違うのですが)旦那の出身県・新潟では錦鯉を求めて世界各国からバイヤーさんが来ているそうです。私にはイマイチ観賞魚の良さというのが理解できないのですが(^_^;)好きな人にとってはかなり魅力的なのでしょう。そして江戸時代でもそれは同じでした。ただ今回は鯉から進化したものでも錦鯉ではなく金魚の方で/(^o^)\そもそも金魚は文亀二年、中国からやってきたそうです。ただ当時は戦国時代、金魚どころ...全文を読む

星龍旗の戦士達の物語~戦後処理1

星龍旗の戦士の物語

2015.05.03 (Sun)

 アレクとレンシが持ち帰ったデータ及び専門機関による精査によって、ケパロスの『重大な法規違反』が判明した。二人が遭遇した時空間ワームはブラックホールとホワイトホールを同時に作り出し、幾層にも重なっている時空間を破壊するものだったのである。カーラ共和国はすぐさまこの事実を銀河連邦に報告、議会の賛成多数でケパロス及び共謀しているプロキシマ・ケンタウリへの経済的及び軍事的制裁が可決された。戦争をしている二...全文を読む

烏のがらくた箱~その二百六十六・ざっくり今後のストーリー展開予告・夏虫編

烏のがらくた箱

2015.05.02 (Sat)

 本日もGWの帰省のため連載『夏虫』をお休みさせていただきますm(_ _)mしかしGWじゃなくてもちょっとばかり下調べのお休みが欲しかったというのが正直なところでして・・・(^_^;)以下のスケジュールを見ていただければ解ると思いますが、第八章の残りの話、ぜ~~~~んぶ大きな事件ばかりなのです(>__...全文を読む

烏のがらくた箱~その二百六十五・明日から帰省、仕込みは上々( ̄ー ̄)bグッ!

烏のがらくた箱

2015.05.01 (Fri)

 明日5/2~5/5まで、旦那の実家へ帰省いたします。さすがに『嫁』という分厚い猫の皮をかぶらねばいけませんので浮上はぐん、と少なくなります(>__...全文を読む

前月     2015年05月       翌月

Menu

プロフィール

乾小路烏魅

Author:乾小路烏魅
幕末~明治を中心とした歴史小説ブログです。
ひと時の時間旅行、ご堪能くださいませv
角川twitter小説大賞優秀賞受賞

検索フォーム

カテゴリ