更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2015年03月  】 

ボカロ小説 聖龍協奏曲~奏国物語 翠の歌唱乙女2

聖龍協奏曲~奏国物語

2015.03.31 (Tue)

  本来七日はかかる道のりを五日で踏破するという強行軍のお陰で、青龍隊は予定より二日早く橄欖渓谷に到着した。 狄国とグリアーノの国境にあるこの渓谷内の街道は、極めて細い。男三人が隊列を作れば道幅いっぱいになってしまうこの渓谷では大軍は意味をなさず、ここで攻撃されてはひとたまりもないだろう。しかしそんな危険を犯してもこの道を使うのは戦場までの距離だった。狄国の西の端を突っ切るこの街道を真っ直ぐ進めば戦...全文を読む

烏のおぼえ書き~其の八十九・照明用菜種油

烏のおぼえ書き

2015.03.30 (Mon)

 電気が無かった時代、照明といえば植物性や動物性の灯油やロウソク、少し時代が進んでガス灯やアルコールランプなど炎そのものを利用するものばかりでした。特に江戸時代までの照明は燃費カロリーが低くてかなり暗かったらしい・・・1ワット、せいぜい2ワット程度だったそうですね。この灯りの下で本を読んだり針仕事をしていたわけですから、かなり大変だったと思われます(-_-;)しかもこれらの灯りが庶民に出回ったのは、菜種油...全文を読む

拍手お返事&とうらぶ日記9・地道なレベリング作業/(^o^)\

拍手お返事&おまけ

2015.03.30 (Mon)

 現在我が本丸は来月予定の検非違使戦本格参戦に向けて、資源集めも兼ねたレベリングの真っ最中です/(^o^)\とことんボス戦を避け、検非違使が出ないようにしているのですが、これが意外と大変で・・・ボス戦の大量得点が狙えないので本当に少しずつしかポイントがたまっていかないのですよ(T_T)更にLv.が上がるに連れてランクUPも大変になってきます。このままでは来月の局長忌までにレベリングが間に合わない・・・と思った矢先...全文を読む

星龍旗の戦士達の物語~真空空間の火炎攻撃4

星龍旗の戦士の物語

2015.03.29 (Sun)

  「レンシ・アドリアーナ、無事任務を完了いたしましたぁ~へへへっ、成功ですよ、せ・い・こ・う!」脳天気な声でヘラヘラ笑うレンシはどこか様子がおかしかった。新同然の参謀官とはいえカーラ共和国の軍人、最低限の礼儀はレンシにも叩き込まれている。しかし今、モニターに映っているレンシは礼儀云々以前の問題である。もしかしたらアレクに酒でも飲まされたのか―――フィクリヤは通信マイクを通信感から奪い取り、言い放った...全文を読む

夏虫~新選組異聞~ 第八章 第四話・国友村から来た少年・其の肆

夏虫・第八章

2015.03.28 (Sat)

 「兄貴とはあまり仲がよくねぇようだが、どういった経緯があるんだ?話せるだけでいいし、急ぐこともねぇが、できるだけ詳しく聞かせてもらいてぇ」 穏やかな口調ながら鋭い土方の指摘に鉄之助はうなだれ、ぽつり、ぽつりと自分の生い立ちを語り始めた。 美濃大垣藩士・市村半右衛門の子として生まれた鉄之助と辰之助だが、九年前のとある事件によって半右衛門は藩籍を剥奪されたらしい。そして浪士になってしまった市村親子は親...全文を読む

烏のがらくた箱~その二百六十・コンビニは帰り道にあるっていうのに・・・( ´Д`)=3

烏のがらくた箱

2015.03.27 (Fri)

 一昨日の話になりますが、『出張&夕飯いらない』と言っていた旦那が帰宅後開口一番『豚まんが食べたい。あと果物とコーヒー』と言い出しました。まぁ果物&コーヒーはいいですよ、常時ストックしてありますんで。しかし豚まんは我が家で滅多に食べないのでストックが無いんですよ(>_...全文を読む

烏のまかない処~其の百九十六・ポテトチップスのり七味(八幡屋礒五郎七味唐辛子使用)

烏のまかない処

2015.03.26 (Thu)

 大掃除の処分品をと思っていたら、買いだしてこんなものを見つけてしまいました・・・orzだから太るんだよなぁ(^_^;)北陸新幹線開通記念便乗セールをやっていた近所のスーパーで売っていたものです(*^_^*)たぶん長野限定のポテトチップスだと思うんですが・・・金沢、富山のものばかりでなく、きちんと長野のものも取り扱ってくれたことに優しさと良心を感じつつ購入してしまいました(^_^;)日本三大七味唐辛子のひとつ、八幡屋礒五...全文を読む

幕末明治つまべに草紙・其の肆~彫物師の彫宇之

幕末明治つまべに草紙

2015.03.25 (Wed)

  神楽坂にある仕立屋の二階から、ぴちり、ぴちりと特徴のある小さな音が響く。そこは界隈で有名な彫物師・彫宇之の工房である。彫物というと任侠の者や鳶の客が多いものだが、置屋が多い神楽坂という土地柄だけあって女性の客も少なくない。東京という土地柄、侠気ある女が多いせいもあるだろう 今日もまた得意客である芸妓のよし乃が、彫宇之の許にやってきていた。もう少しで仕上がる背中の彫物の続きを彫ってもらうためだ。 ...全文を読む

拍手お返事&とうらぶ日記8・検非違使討伐キャンペーンに突入したんですが・・・

拍手お返事&おまけ

2015.03.24 (Tue)

 本日からとうらぶにて『検非違使討伐キャンペーン』が始まり、『期間中、刀剣男士のレベル10~29を対象とした検非違使が弱体化』するとのアナウンスがありました。しかし先週このレベルに相当する『維新の記憶』『江戸の記憶』ステージの検非違使出現率を低くするっていう修正が入っているんですよ・・・討伐できるようになっても、そのチャンスが巡ってこないということですかねぇ、これって(-_-;)どちらにしても、これにホイ...全文を読む

ボカロ小説 聖龍協奏曲~奏国物語 翠の歌唱乙女1

聖龍協奏曲~奏国物語

2015.03.24 (Tue)

  凍てつく夜空に美しい歌声が響き渡る。冴え渡る月光のように澄み切ったソプラノと、柔らかなぬくもりを与えてくれる焚き火のように優しいアルト。二つの声が重なり離れ、美しい旋律を奏でながら再び重なってゆく――――――。 その二つの声の主は、うら若い魔導師見習いの姉妹だった。身の丈ほどもある長い髪の少女は月光のソプラノを、そして艶めく紅い髪の乙女は静かに燃える熾のアルトを紡いでいた。そして、この世のものとは思え...全文を読む

烏のおぼえ書き~其の八十八・桜草売り

烏のおぼえ書き

2015.03.23 (Mon)

 今週から月曜日の朝9時更新に変更いたしました『烏のおぼえ書き』です。これからもご贔屓にお願い致しますm(_ _)mなお、ボカロ小説新章は明日朝9時に更新です♪江戸時代の棒手振りというと、どうも生活必需品を売り歩いていたようなイメージがありますが、結構嗜好品なども取り扱っていたようですね(*^_^*)そんな嗜好品の中のひとつが『季節の花』だったりします。さすがに大きな鉢植えは持ち運ぶのに苦労するので無理ですが、掌に...全文を読む

星龍旗の戦士達の物語~真空空間の火炎攻撃3

星龍旗の戦士の物語

2015.03.22 (Sun)

 カーラ共和国第三大隊旗艦空母・ノーデンスの司令室では、フィクリヤがじっと立ったままメインモニターを見つめていた。「通信官、時空間No.0032から未だ何の音沙汰もないのか?」口調は落ち着いているが、その顔色はかなり悪い。それもそうだろう、アレクとレンシが時空間No.0032へ向かってから既に3600秒を過ぎている。それなのに全く連絡が取れないのだ。唯一確認できているのはパラレルワールド用レーダーに映っている時空間戦...全文を読む

夏虫~新選組異聞~ 第八章 第三話・国友村から来た少年・其の参

夏虫・第八章

2015.03.21 (Sat)

  仲秋の名月を明日に控えた島原は、客が少ない割には忙しない気配に満ちていた。それもそうだろう、明日の十五夜はかき入れ時。多くの遊客を迎え入れる準備のため男衆は走り回り、娼妓がこの日のために新調する着物や簪などを納める商人も休むことなく荷物を運び込んでいる。そんな喧騒から少し離れた裏路地にある『角屋』の離れで、土方と斉藤は定期の情報交換をしていた。「ほぉ、橋本が御陵衛士を脱走して土佐の中岡のところに...全文を読む

烏のがらくた箱~その二百五十九・来週、再来週中に春の大掃除をしないと・・・

烏のがらくた箱

2015.03.20 (Fri)

 先週ぼやいていた父の介護スケジュール変更の話ですが、一応候補を2つほどに絞りまして見学をしてみることになりました。これで父親がその施設を気に入ってくれればそのままお世話になろうかと目論んでおりますが、何せ年寄りのこと(^_^;)『何となく気に入らない』という理由から施設やサービスを停止してしまったこと数度、今回も半分はその覚悟をしておかなければなりません。つまり下手をすると暫くの間介護施設めぐりをせざる...全文を読む

烏のまかない処~其の百九十五・スティックチーズケーキ

烏のまかない処

2015.03.19 (Thu)

 基本ヤギのチーズ以外OKな私、勿論チーズケーキも大好きだったりします(^q^)ただちゃんとしたケーキだと中年のおばちゃんには量が多くって・・・というわけで、ふた口、さん口サイズのスティックタイプのチーズケーキをいただくことが多いんですよねぇ。因みに画像の物はスーパーの生菓子売り場で売っているものなのですが、100円というお手頃な値段に食べやすいサイズ、しかも味はかなり美味ということで結構贔屓にしております(*...全文を読む

拍手お返事&とうらぶ日記7・検非違使なんて大っ嫌いだぁぁ~っ@ヘタレ審神者心の叫び

拍手お返事&おまけ

2015.03.19 (Thu)

 3月17日からゲームに実装された虎徹兄弟ですが、その取得方法があまりにも鬼畜すぎました・・・orz『検非違使』というキャラを倒さないと虎徹兄弟はゲットできないのですが、この検非違使がかなり強いのですよ(T_T)何せチーム内の刀剣男子のレベルを基準にして、それより少し上というレベルに設定されいるらしいのです。つまり負ける可能性も少なく無いという(-_-;)案の定私の刀剣達も半数以上が怪我を負って帰還し、手入部屋が...全文を読む

定廻り同心の牝犬・其の参~天保七年三月の捜査(★)

丙申・春夏の章

2015.03.18 (Wed)

  春の宵闇に艶かしい息遣いが響く。素月園の屋敷の奥の間では、尋常ならざる狂宴が今まさに繰り広げられようとしていた。 敷き詰められた布団の中央にはしとげなく両足を大きく広げた久奈がいる。そして、そんな久奈を三対の目が舐め回すように凝視していた。「どうか・・・・・・お情けを」 視線に耐えられなくなったのか、色欲に体中を桜色に染めた久奈が三人に訴える。だが、三人はただ見つめるだけ、あるいは指先で久奈の柔...全文を読む

烏のおぼえ書き~其の八十七・粟餅の曲搗き

烏のおぼえ書き

2015.03.17 (Tue)

 現代でももちつきやピザ職人さんによる製造過程でのパフォーマンスがありますが、あれって何故か食いついてしまいますよね(^_^;)特にもちつきパフォーマンスなんかは特に食べたくなくても見ている内に何となく食べたくなってしまうから不思議です(もちつきは大抵何らかのイベント会場→特にお腹が減っていない時に見ることが多いにもかかわらず)そんな食べ物系パフォーマンスの中に『粟餅の曲搗き』というものが江戸時代にあった...全文を読む

ボカロ小説 聖龍協奏曲~奏国物語 紅き魔導戦士4

聖龍協奏曲~奏国物語

2015.03.17 (Tue)

  どこまでも深い闇の中、心地よいぬくもりがメイコを包む。どこまでも優しく暖かく、しかしメイコを拘束して離さない力強さもあるその闇を意識したその時、メイコの耳にぱちぱちと爆ぜる薪の音が聞こえてきた。その音にメイコはゆっくりと瞼を開く(ここ、は?) 目覚めたとはいえ、未だぼんやりした頭でメイコは記憶を手繰り寄せる。(そうだ、私。何だか怪しい魔導師に窮奇の縄張りまで連れて行かれたんだっけ) 奏国の兵士も...全文を読む

拍手お返事&とうらぶ日記6・やっと2軍と3軍合流出来ましたヽ(=´▽`=)ノ

拍手お返事&おまけ

2015.03.16 (Mon)

 開始しておよそ一ヶ月弱で刀剣男子のコンプリートを終えた我が本陣、次にやることといえば低いLv.のまま放置していた子たちのレベリングです。その数30振、つまり先に育てた一軍二軍以外の全部の刀たちというわけでして・・・これがなかなか地味で大変な作業だったりします(^_^;)一軍及び二軍だけの時はそう大変だと思わなかったんですけどねぇ・・・ひたすら同じ場所をぐ~るぐ~る回らざるを得ないので簡単過ぎる場所はすぐに飽...全文を読む

星龍旗の戦士達の物語~真空空間の火炎攻撃2

星龍旗の戦士の物語

2015.03.15 (Sun)

 「あの・・・アレクさん。このソフトの演算結果なんですけど」暫し逡巡した後、レンシは思い切ってアレクに尋ねた。「確かに『これ』はある意味武器です。もしかしたら最も古い武器のひとつかもしれないと僕は思いますけど・・・」「しかし、非常識だ、って言いたんだろ?真空の宇宙空間で火炎を使えなんて」困惑を露わにするレンシに、アレクは愉快そうにクスクスと笑う。「でもこのアプリの演算は間違っていねぇよ。ほら、見てみ...全文を読む

夏虫~新選組異聞~ 第八章 第二話・国友村から来た少年・其の貳

夏虫・第八章

2015.03.14 (Sat)

  幕臣取立ての挨拶回りがひと段落した八月の初め、不動堂村の新選組屯所では入隊試験が行われていた。入隊したからといってすぐに幕臣になれるわけではなく、暫くは局長付という立場に置かれる。近藤の下、すなわち家臣に近い扱いとなるのだ。本来近藤はそれほど多くの家臣を持てる身分ではないのだが、新しく入ってくる隊士達を浪士のままにしておくことも出来ない。という理由から苦肉の策で『新入隊士は局長付、立場上は家臣の...全文を読む

烏のがらくた箱~その二百五十八・4月から更新スケジュールを変えさせていただきます(特にボカロ小説)m(_ _)m

烏のがらくた箱

2015.03.13 (Fri)

 実は父親の介護環境が4月から大きく変わることになりました(-_-;)元々ボカロ小説のスケジュールがタイトなので、月曜日9時→おぼえ書き、火曜日9時→ボカロ小説にしようかとは思っていたんです。しかし3月に入り色々父親の環境が大きく変わることが判明いたしまして・・・(>__...全文を読む

烏のまかない処~其の百九十四・湘南しらす

烏のまかない処

2015.03.12 (Thu)

 昨日3月11日は東日本大震災の日でもありますが、地元・湘南ではシラス漁の解禁日でもあります♪4年前、東北からそこそこ離れた神奈川の海にさえ大津波警報が発令された4年前は、シラスどころか明日食べるお米さえどこで買ったらいいんだろう、って日々でしたからねぇ・・・そういった意味では平和と幸せの味なのかもしれません(*^_^*)禁漁明けのこの日、本当なら生シラスの軍艦巻きでと洒落込みたいところですが、さすがに海岸線か...全文を読む

定廻り同心の牝犬・其の貳~天保七年三月の捜査(★)

丙申・春夏の章

2015.03.11 (Wed)

  花見の宴は他の季節のものに比べかなり賑やかである。芸妓の三味線に幇間のお囃子、そして娼妓の笑い声――――――そんな中、この部屋だけは違う意味の『宴』の音に彩られていた。「さぁて、今度は後ろだな・・・・・・この好きものめ。物欲しげに菊座まで蠢かせおって」」 西山の指摘通り、久奈の菊座は微かに息づいている。だがそれは、瀬田らを相手にする時に比べかなり控えめな反応だった。やはり身体に嘘をつかせるのは久奈には...全文を読む

拍手お返事&とうらぶ日記5・本日、新たな沼が・・・

拍手お返事&おまけ

2015.03.10 (Tue)

 春の卒業式終了やまったり授業の時期に合わせたのでしょうか、今日とうらぶで『備中』『豊後』の2サーバーが開放されましたね((o(´∀`)o))この記事がUPされる頃には既に満員になっていそうですが、無事新たに審神者さんになった方、おめでとうございますヽ(=´▽`=)ノとうらぶの泥沼にようこそ~( ̄ー ̄)ニヤリ思い返せは一ヶ月半前、とうらぶにはまっていたお友達のツイに『面白そうだな~』と興味を持ってしまったのが運の尽きでした...全文を読む

烏のおぼえ書き~其の八十六・灰買い

烏のおぼえ書き

2015.03.10 (Tue)

 ガスや電気が使われる前、煮炊きや湯沸かしなどをすると必ず出たのが『灰』でした。これはある意味仕方ないですよね。薪や炭を燃やしてエネルギーを作り出すんですから。ただ現代の産業廃棄物と違って、燃料が燃やし尽くされて出来た灰であっても、天然の化学薬品としてあちらこちらで役に立っておりました。その第一が肥料です。関東ローム層が広がる関東地方ではとにかく土が酸性に偏るのですよ(>_...全文を読む

ボカロ小説 聖龍協奏曲~奏国物語 紅き魔導戦士3

聖龍協奏曲~奏国物語

2015.03.10 (Tue)

  平地である首都・シャンジェから西に半日ほど離れた場所にある岩石鉱山・ザルハッソ山脈には既に雪がかなり降り積もっていた。この様子ではシャンジェも近日中に雪に閉ざされるだろう。その降り積もった雪の合間から見える岩塩の岩肌は、ほんのりとピンクがかっている。その岩肌を狐火で照らし出しながら黒衣の魔導師は渋い表情を浮かべた。「一体窮奇(きゅうき)はどこにいるんだ?人を襲うというからにはこの近くにいるはずだ...全文を読む

星龍旗の戦士達の物語~真空空間の火炎攻撃1

星龍旗の戦士の物語

2015.03.08 (Sun)

 レンシが見た時空間ワームの分析結果、それは予想外のものだった。「軽度物質吸収体って・・・これってミニ・ブラックホールじゃないですか!それなのに何故ワームの形を形成しているんですか奴らは?」「そいつは俺が聞きてぇ」アレクも神妙な顔をしながら腕を組む。「ギリギリブラックホールにならない程度の物質吸収体なのかもな。少なくとも俺達の時空間じゃ実現してない科学技術だ。あともうひとつ考えられるのは・・・時空間...全文を読む

夏虫~新選組異聞~ 第八章 第一話・国友村から来た少年・其の壹

夏虫・第八章

2015.03.07 (Sat)

  土方が奉行所との打ち合わせから帰ってきたその時、丁度国友村からの鉄砲搬入の集団が玄関横の武器庫の前で鉄砲の搬入を行っていた。油紙で包まれ、更にその上から筵で巻かれた鉄砲が次々に開かれ、武器庫の中へ運ばれてゆく。その黒光りする銃身は刀剣ほどではないものの美しいと土方は感じた。「おう、だいぶ運び込んだようだな」 土方は積み荷を運んでいる男たちに声をかける。するとその中の頭領らしき男が土方の前に進み出...全文を読む

烏のがらくた箱~その二百五十七・家電量販店の文具コーナーその後

烏のがらくた箱

2015.03.06 (Fri)

 先日コチラの記事に書いた家電量販店の文具コーナーなのですが、記事を書いた一ヶ月後(というか実際はもう少し早いかもしれない)、再リニューアルをしておりました(@@;)気がついたのは10日ほど前、5階にあった文具コーナーが地下1階に移動しましたという看板が・・・!そして美術展用作品のプリントアウト用の用紙を買うために地下1階(パソコン周りの売り場も同じフロア)に出向いた所、売っているものもかなり改善されており...全文を読む

烏のまかない処~其の百九十三・いわし明太

烏のまかない処

2015.03.05 (Thu)

 昨日夕飯の買い出しにスーパーに出向いたら、何故かイワシが大量に並んでおりました。旬にはまだ早いはずなのに。(ちなみに湘南地方ではイワシの子・シラスも禁漁の時期だったりします)きっと何かの拍子に網に入っちゃったんでしょうねぇ。値段も安く、旬も先取り(ついでに私が青魚好き)ということで迷わず購入。同じく安く販売していた辛子明太子の切れ子も購入してなんちゃっていわし明太にしてしまいました(^O^)本当はちゃ...全文を読む

定廻り同心の牝犬・其の壹~天保七年三月の捜査(★)

丙申・春夏の章

2015.03.04 (Wed)

 春のうららかな日差しが水面に反射し、きらきらと輝く。その照り返しを受けて川縁に咲く桜もより美しく咲き誇っているようだ。そんな春ならではの景観を楽しもうと、深川の茶屋『粋月』は花見客で賑わっていた。「お久奈ちゃん!その御膳は二階の鶴の間に運んでおくれ!」 賄所から膳を持って出てきた久奈に、女将が指示を出す。「あ~い!承知しました!鶴の間ですね!」 こう慌ただしいと間違いも出てきかねない。久奈は大声で...全文を読む

烏のおぼえ書き~其の八十五・とっかえべぇ

烏のおぼえ書き

2015.03.03 (Tue)

 現代も少ない資源を有効活用しようと瓶や缶、その他金属やプラスチックなどのリサイクルが盛んに行われていますが、江戸時代もまた同様のことが行われていました。特に鉄製品のリサイクルはかなり徹底していたらしく、中には火事場に出向き、火事が収まってから焼け跡の中に埋もれている建具金物(蝶番や引手など)を集める業者もいたとか(^_^;)それだけ古鉄リサイクルが儲かったということでしょうか。それだけ儲かる職業ですので...全文を読む

ボカロ小説 聖龍協奏曲~奏国物語 紅き魔導戦士2

聖龍協奏曲~奏国物語

2015.03.03 (Tue)

  夜 メイコとミクはシャンジェ城の部屋のひとつに監視つきで軟禁された。抵抗の様子は見せていなかったが、万が一を考えてのことだろう。領主の子供の為の部屋のひとつらしく、グリアーノにしてはかなり豪奢な作りの部屋だった。「これから私達どうなるのかな」 体の弱い老人や小さな子供がいる母親は優先的に『救いの村』に入れるって話になっていたが、魔導師見習いであるメイコやミクの処遇は具体的に聞いていない。ただ、反...全文を読む

拍手お返事&とうらぶ日記4・実装してもらいたい御刀・その1

拍手お返事&おまけ

2015.03.02 (Mon)

 先週、拍手お返事をUPした直後(9時5分にもならないくらい)に最後の一振り・鶯丸がやってきてくれましたヽ(=´▽`=)ノおかげさまで刀剣男子42種全てコンプリートすることが出来たのですが、そうなると気になるのがまだ実装されていない刀剣たち!刀帳Noで見る限り、一番番号が大きい御手杵が138なのですよ。しかし実装されているのはまだ42種類・・・少なくともあと96種類は刀剣男子が増えるはずっ!ということで実装されて欲し...全文を読む

星龍旗の戦士達の物語~アナログ宇宙船とベテラン傭兵4

星龍旗の戦士の物語

2015.03.01 (Sun)

 アレクが電子投網を動かし、レンシがあらゆる種類の砲弾を打ち続けているにも拘わらず、芳しい結果はなかなか得られなかった。電子投網から逃げ出すのは勿論、どんな砲弾を命中させても時空間ワームはそれを飲み込み、その体内に取り込んでしまうのだ。「ここまで有効手段が見つからないなんて・・・」さすがにレンシには焦りの色が見えてくる。だがアレクは文句を言いつつも電子投網を動かし続け、時空間ワームを捕まえようとする...全文を読む

前月     2015年03月       翌月

Menu

プロフィール

乾小路烏魅

Author:乾小路烏魅
幕末~明治を中心とした歴史小説ブログです。
ひと時の時間旅行、ご堪能くださいませv
角川twitter小説大賞優秀賞受賞

検索フォーム

カテゴリ