更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2013年02月  】 

烏のまかない処~其の八十八・歯医者帰りの甘味

烏のまかない処

2013.02.27 (Wed)

 今朝の詰め物騒動の続きになりますが、あの記事をUPした後かかりつけの歯医者に行って詰め物を治してもらいましたvおよそ丸一日、歯を気にしながら食べる食事の味気ないこと・・・・・その反動か、歯が治った瞬間急にお腹が減っちゃいまして(^_^;)ちなみにその歯医者さんが鎌倉駅の近くにあるのですが、そこから自宅に帰るまでの30分間の間とんでもなく誘惑が多いんですよ~(>_...全文を読む

拍手お返事&歯の詰め物がぁ~っ(T_T)

拍手お返事&おまけ

2013.02.27 (Wed)

 昨日、何の前触れもなく歯の詰め物が取れてしまいました(T_T)執筆中の癖でガムを噛みながらキーボードを打つのですが、その際に詰め物がガムにくっついてぽろりと・・・・・かなり大きな詰め物が取れてしまいました(>__...全文を読む

横浜恋釉~桜木菟とじゃじゃ馬姫君の涙

横浜恋釉

2013.02.26 (Tue)

 ふわり、と桜の花弁が宙に舞う。近所の邸宅に立派な江戸彼岸桜の大木があったから、多分そこから飛んできたものだろう。開け放した重厚な窓からその一枚が舞い込み、虔太の眼の前にある高浮彫の木菟の頭に引っかかった。「どこまで桜尽くしにしたら気が済むんでしょうね、この木菟は。」虔太は笑いながら木菟に引っかかった花弁を取り除いた。木菟の周りには満開の桜の彫刻が施されている。普通であれば桜に付くのは鳩だけに、これ...全文を読む

拍手お返事&GIMPを2.8にver.UPしてみましたv

拍手お返事&おまけ

2013.02.25 (Mon)

 ブログにUPしている落書きや写真、そして毎年参加している美術サークルの展示会に出す絵など、いわゆるお絵かき一般作品を私は『GIMP』というフリーソフトで描いています。本格的にCGをやっているわけではないので、フォトショやイラレなど高価なペイント&ドローソフトを購入するまでじゃない。かと言ってWindowsにくっついているペイントじゃ機能が少なすぎる・・・・・ということでいくつかのお絵かきフリーソフトを試した結果...全文を読む

逃亡者櫻 ファクトリーの異邦人3

逃亡者櫻 Page1

2013.02.24 (Sun)

 櫻はジンジャーと共に実験室の一つに通された。かなり大きな部屋で、十人近くの研究者が一つのモニターに見入っている。「あれが先ほど申し上げた失敗作です。無理に名前をつけるならば『素粒子分解装置』とでも言えばいいのでしょうか。」ハーナルが指さしたものを櫻はまじまじと見つめる。それは一見すると少し大きめのライフルのような形をしていた。物質を素粒子にまで分解すると聞いていたので、てっきり大掛かりな装置だと思...全文を読む

烏のがらくた箱~その百四十九・貰ったタオルを使い切るのに10年以上かかりました(>_<)

烏のがらくた箱

2013.02.23 (Sat)

 結婚当初、親から色々押し付けられたものが多々ありましたが、その中でも特に厄介だったのがタオルでした(>__...全文を読む

夏虫~新選組異聞~ 第四章 第十九話 希望、散る・其の参

夏虫・第四章

2013.02.22 (Fri)

 床の間に生けられた紅梅が芳醇な香りを部屋中に漂わせている。その優美な造形をぼんやりと眺めながら、山南はいつもの如く角屋の一室で明里を待っていた。「何だかんだ言って、前回からもうひと月近く経っているのか・・・・・。」 昨年末の天狗党討伐出兵に始まりぜんざい屋事件、さらには佐々木六角源氏一団の捕縛協力などそこそこ大きな仕事が立て続けに起こり、ゆっくり島原を訪れる暇さえ無かった。 それでも時間を見つけて...全文を読む

烏のまかない処~其の八十七・ココ‥ファーム・ワイナリーのワイン

烏のまかない処

2013.02.20 (Wed)

 ココ・ファーム・ワイナリー。ワイン好きの方なら一度は名前を聞いたことがあるかもしれません。知的障害者施設・こころみ学園が運営するワイナリーで、沖縄サミットや洞爺湖サミットの晩餐会で出されたワインの醸造所でもあります。以前ニュース番組の特集で紹介されていたのを拝見させて貰って以来、一度はここのワイナリーのワインを飲みたいと願っていたのですが、どうやって手に入れていいのか皆目解らず約十年・・・・・(^_^...全文を読む

破れ寺の大黒・其の参~天保五年二月の決意(★)

甲午・春夏の章

2013.02.19 (Tue)

 春の十六夜が、古ぼけた障子越しに許されざる恋人達を照らす。熱気が篭った小さな部屋で、清充はまるで壊れ物を扱うように優しく、梅の秘所を愛撫していた。「お梅さん、痛くはないですか?」 梅の蜜壺に人差指をゆっくりと挿れながら清充は梅に尋ねる。男を誘い込むようにとろりと蕩け、清充の指や掌をしとどに濡らす蜜の多さとは対照的に、梅の蜜壺は清充の指を拒絶するかのように清充の指を強く締め付けてくる。自分の愛撫が梅...全文を読む

拍手お返事&花粉対策のフィルター交換完了^^

拍手お返事&おまけ

2013.02.18 (Mon)

 うちの夫婦は二人揃って花粉症です(T_T)私はたぶんスギ花粉だけなのですが(症状が出るのが3月くらいまで)、旦那はもしかしたらヒノキ花粉も持っているんじゃないかと疑われるほどグズグズする時期が長く、4月半ばくらいまではなかなか窓も開けることができません。そんな我家の生命線が換気口!これがある無しでは換気がだいぶ違います。ただ、フィルターを交換しないことには全く役に立ちませんので半年に一回、春の花粉が本格...全文を読む

逃亡者櫻 ファクトリーの異邦人2

逃亡者櫻 Page1

2013.02.17 (Sun)

 「初めまして、時空間監視者・櫻・ハンナ。私はイアリ・ファクトリー開発部長・ハーナル・ピット・Ⅵと申します。」「へぇ、珍しいわね。エイルの貴族がファクトリーの現場に勤務しているなんて。」Ⅵ、というエイル貴族特有の世代名を聞いて櫻が訝しげにハーナルに尋ねる。エイル星系では未だ身分制度が幅を利かせている。勿論貴族であっても職を持つことは可能だが、殆どが名前だけの名誉職である。現場の前線で働いている貴族とい...全文を読む

烏のがらくた箱~その百四十八・強力すぎる風邪(>_<)

烏のがらくた箱

2013.02.16 (Sat)

 先週、寒暖の差で体調を崩したという話をしましたが、その後旦那が拾ってきた風邪でとんでもない目に遭っております(;_;)先週、西の方に2泊3日の出張に出向いていた旦那ですが、どうやらそこでうつされたようです。一緒に出張に出向いた4名が揃って帰宅直後にぶっ倒れ寝込んだという・・・・・抵抗力の弱い子どもや高齢者ならともかく、働き盛りのおっさん4人が揃ってうつされるなんてどれだけ強力なんだか(^_^;)さすがにそれだけ...全文を読む

夏虫~新選組異聞~ 第四章 第十八話 希望、散る・其の貳

夏虫・第四章

2013.02.15 (Fri)

 近所に咲いている梅の香が春風にのって屯所にまで漂ってくる。普段の土方ならその香りを愉しみ、句の一つでもひねるところだろう。だが、今の土方にそのような心の余裕は無かった。「あの馬鹿、何血迷ってやがる・・・・・この前の年賀状でこっちに来いと書いたばかりだろうが。なのに、婚約破棄・・・・・だぁ?」 土方は姉からの手紙を手に怒りを押し殺す。そこには琴から内々に婚約破棄の相談を受けたこと、そして琴がかなり真...全文を読む

烏のまかない処~其の八十六・BAGEL&BAGELのベーグル

烏のまかない処

2013.02.13 (Wed)

 数年前にお店が出来てから気になってはいたんですけど、なかなか購入まで至らなかった『BAGEL&BAGEL』さんのベーグル。先月の半ばにようやく意を決して購入してからすっかりはまっております^^そもそも何で購入することになったかというと、ちょっと本格的にダイエットをしようかな~と思い立ちましてv『ベーグルは卵もバターも使っていない』というのを聞いて『取り敢えず2~3日試してみようかな』とお店を覗いてみました。そ...全文を読む

破れ寺の大黒・其の貳~天保五年二月の決意(★)

甲午・春夏の章

2013.02.12 (Tue)

 仲春とは名ばかりで、二月の夜はまだまだ寒い。春を感じさせてくれるものといえばどこからともなく漂ってくる梅の香だけという寒さの中、清充は法衣を脱いで濡れ縁に置くと下帯一つで井戸に近づいた。丁度中天にまで昇ってきた十六夜が井戸の水面に映り、ゆらゆらと揺れている。「月は・・・・・どこまでも清らかなのですね。私とは大違いだ。」 清充は月影を見つめ苦笑いを浮かべると、井戸に釣瓶を落とし水を汲みあげた。そして...全文を読む

拍手お返事&温水便座がご臨終(T_T)

拍手お返事&おまけ

2013.02.11 (Mon)

 注:以下お食事中の方は閲覧をご遠慮ください。大したことは書いておりませんが、何せ便座の話ですので(^_^;)昨日、温水便座がいきなり動かなくなりました(T_T)使用しようとした矢先、いきなり全てのスイッチが点滅し、電源を入れているはずなのに動かない・・・・・今の家に越してきて9年目、それと同じだけ使っているのでよく頑張った方なのかもしれません。大して思い入れは無かったものの(購入したマンションの『おまけ』で付...全文を読む

逃亡者櫻 ファクトリーの異邦人1

逃亡者櫻 Page1

2013.02.10 (Sun)

 櫻とジンジャー、そしてHOPCとしては壊れてしまったパプリカが宇宙船から降りると、櫻の宇宙船は宇宙船洗浄機の中へと消えていった。「申し訳ないんだけど特に念入りに洗浄をお願いします。『地獄の帝王』の攻撃をまともに受けちゃったので何が付着しているか解らないんです。」ただでさえ放射能やら宇宙船を大量に浴びてしまう宇宙船である。その上『地獄の帝王』から光学的、もしかしたらその他の攻撃を受けているかもしれない。...全文を読む

烏のがらくた箱~その百四十七~計画性の欠片もない私(^_^;)

烏のがらくた箱

2013.02.09 (Sat)

 今週の木曜日から本日土曜日にかけて旦那が2泊3日の出張でした。実質丸々2日旦那がいないとなれば、どちらか一方は遊びに行くぞ!となるのですが、自分の計画性の無さの為、やけに細々した用事が溜まりまくっておりまして、結局遊びに行くことはできませんでした(;_;)本当に些細な用事ばかりなんです。旦那が招待されている結婚式用にご祝儀のお金を綺麗なものに替えたり、ネクタイにクリーニングでも落ちない黄ばみが出来てしまい...全文を読む

夏虫~新選組異聞~ 第四章 第十七話 希望、散る・其の壹

夏虫・第四章

2013.02.08 (Fri)

 松平容保の東下申請―――――それはぜんざい屋事件や佐々木六角源氏の残党狩りに追われていた新選組にとってあまりにも急な話しであった。だが、新選組も決してこの話に無縁だったわけではない。昨年末の東下に於いて、近藤は非力ながらも将軍の上洛要請の嘆願を幕府に出していた。これは近藤自らの意思というより、むしろ会津の意思によって近藤が動いたといって良いだろう。結局近藤の要請は江戸によって却下されてしまったが、今度...全文を読む

烏のまかない処~其の八十五・バーミキュラで作った料理

烏のまかない処

2013.02.06 (Wed)

 バーミキュラが我が家にやってきてから2週間、これを使って以下の3品の料理(というほどのものでは無いですけど^^;)を作りましたv①ハンバーグ旦那がハンバーグ好きなんですけど、フライパンだとどうしてもパサパサしたりいまいち歯ごたえに欠けたりと上手く作れなかったハンバーグ(^_^;)しかしオーブンのようにじっくり熱を通すのが良いんでしょうか、バーミキュラで作ったハンバーグはふっくらと、肉々しく仕上がりましたv...全文を読む

破れ寺の大黒・其の壹~天保五年二月の決意

甲午・春夏の章

2013.02.05 (Tue)

 梅の花がちらほらと咲きはじめた二月のある日、山田浅右衛門吉昌は弟子を引き連れ小石川戸崎台にある瑞鳳山祥雲寺を訪れていた。信州松本藩戸田氏が檀越になっているこの寺には吉昌自らが建立した『髻塚』がある。髻塚とは埋葬を許されない罪人達の供養塔で、死罪になった罪人達の髷をこの塚に収め、その霊を慰めるものだ。今日も数日前死罪になった三名の髷を持ち込んだ吉昌だったが、いつもの老和尚ではなく若い僧都が山田一門の...全文を読む

拍手お返事&その『鎌輪ぬ』の手ぬぐいは私のものだったはずなのに・・・(;_;)

拍手お返事&おまけ

2013.02.05 (Tue)

 中村勘三郎さんが天国に旅立ってからまだ日も経っていないというのに今度は成田屋の大名跡が・・・(T_T)まさかこんなことになろうとは思わず、用意していたネタが成田屋ゆかりの『鎌輪ぬ』だったんですよねぇ。他にネタも思い浮かなばなったので(あまりに馬鹿馬鹿しい話ではありますが)お付き合いのほど、お願い致しますm(_ _)m手ぬぐい―――――デザインも素敵ですけど、その使い勝手もやはり良いものです。ハンカチ代わりに手や汗...全文を読む

逃亡者櫻 宇宙を彷徨う逃亡者4

逃亡者櫻 Page1

2013.02.03 (Sun)

 ジンジャーがイアリ・ファクトリーと交信を始めて35秒後、施設への入場許可が降りた。「ホント、ルシフェらがここに出張していてくれて助かったわ。でなければ入場許可だけで300秒はかかったでしょうから。」櫻は髪をかきあげながら軽く溜息を吐く。銀河系連邦とアンドロメダ連邦は友好的、というには少々冷めた間柄である。そんなアンドロメダ連邦直轄のファクトリーから武器をレンタルするということは普通だったらまず不可能だ...全文を読む

烏のがらくた箱~その百四十六・プチ金運上昇・・・なのか(^_^;)

烏のがらくた箱

2013.02.02 (Sat)

 先月辺りからでしょうか、一個一個の金額は非常に小さいのですが毎月決まって出てゆくお金が立て続けに安くなりましたvまずはスマホ料金。使うのは殆どメールで通話を殆どしないのですが、それをショップの店員さんに指摘され基本料金で200円ほど安い料金プランに変更してもらいました。無料通話分は無くなりましたが、差額の200円分も話をしないので(^_^;)そしてつい最近、居住マンションでケーブルTVのちょっとした工事があった...全文を読む

夏虫~新選組異聞~ 第四章 第十六話 ぜんざい屋事件・其の肆

夏虫・第四章

2013.02.01 (Fri)

 見廻組が捕らえた佐々木六角源氏の一団―――――彼らについて少々説明しておく。 彼らは元治元年一月半ばから兵庫を中心に火縄銃・陣笠・刀槍を揃えて乱暴を働いていた武装集団である。その頭領が佐々木六角源氏太夫と名乗っており、そこから『佐々木六角源氏の一団』と呼ばれていた。勿論、宇多源氏嫡流の六角佐々木氏とは全く関係なく、単にその名門を騙っていただけである。 佐々木六角源氏太夫本人は早くから京都で志士活動をし...全文を読む

前月     2013年02月       翌月

Menu

プロフィール

乾小路烏魅

Author:乾小路烏魅
幕末~明治を中心とした歴史小説ブログです。
ひと時の時間旅行、ご堪能くださいませv
角川twitter小説大賞優秀賞受賞

検索フォーム

カテゴリ