更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2012年12月  】 

拍手お返事&忙しい時に限って用事が増える(>_<)

拍手お返事&おまけ

2012.12.31 (Mon)

 ただでさえ多忙を極める年末年始ですが、そういう時に限って急な用事が飛び込んできたり、何かが壊れてその対応に追われたりすることってありませんか?実はここ数日、私がその状況でして、介護に行ったら税理士さんに『確定申告用の源泉徴収票や控除の書類を送ってくれ』と言われたり、自宅では旦那が『エアコンのリモコンが壊れたからどうにかしろ』と言われるし・・・・・このくそ忙しい中本当に面倒くさい状況に(>_...全文を読む

逃亡者櫻 人懐こい侵略者4

逃亡者櫻 Page1

2012.12.30 (Sun)

 『こちら時空間監視官、櫻・ハンナの第2HOPC・パプリカ。銀河中央情報局、応答願います。アンドロメダ大星雲025管区の恒星エイルにコードネーム『地獄の帝王』が出現しました。大至急70口径カノン砲と実弾100発をこちらに輸送願います。時間がありません。』緊急信号と共に送信されたパプリカのメッセージに対し、すぐさま情報局から返答が返ってきた。「こちら銀河中央情報局。要請、了解しました。大至急70口径カノン砲と実弾10...全文を読む

烏のがらくた箱~その百四十・年末年始の更新予定

烏のがらくた箱

2012.12.29 (Sat)

 『がらくた箱』も今年最後の更新となってしまいました(*^_^*)一年本当に早いですよね~vブログ運営上では『葵と杏葉』の完結、『夏虫』の再開が一番大きな出来事でした。特に『葵と杏葉』はオリジナル長編作品において処女作だったので感慨もひとしおです。今度は『夏虫』そして『紅柊』を中心に地道に、しかし確実に更新を重ねていきたいと思います♪オフでは昨年と違い、余震や計画停電に振り回されることもなく穏やかな一年だ...全文を読む

夏虫~新選組異聞~ 第四章 第十二話 ささくれ・其の肆

夏虫・第四章

2012.12.28 (Fri)

 吐く息さえ凍てつく寒さの中、沖田は大刀の切っ先を本堂の入り口に向けていた。額には嫌な油汗が滲み、緊張の所為か喉が渇きひりつく。沖田はごくり、と唾を飲み込むとぱっくり開いた本堂入口の闇に向かって一歩、踏み出した。(十人・・・・・いや、十五人か。) 先程本堂の障子に映った影から推測すると、少なくとも敵は十人以上いると思われる。だが、もしかしたらそれ以上かもしれない。一人あたり二人を相手にすればいいか、...全文を読む

烏のまかない処~其の七十九・クリスマスと正月の間の粗食

烏のまかない処

2012.12.26 (Wed)

 今年最後のまかない処、何を取り上げようかと迷っていたのですが、ふと目の前にあったカップラーメンに目が止まりまして・・・・・(^_^;)そういえば『クリスマス』と『お正月』の間のほぼ一週間ほどの食事ほどいい加減なものはないかもなぁ、と今回取り上げることになりました。そもそもクリスマスもお正月も異様に予算がかかるっ!夫婦二人暮らし、近くにプレゼントやお年玉をあげなきゃいけない甥っ子姪っ子がいない環境でも、い...全文を読む

横浜恋釉~賑やかな唐子と新年早々の大喧嘩

横浜恋釉

2012.12.25 (Tue)

 新春の清冽な空気が潮風に乗ってやってくる。そんな港町・横浜を滝沢虔太と、その弟・虔弥の二人が連れ立って歩いていた。虔太はダークグレーの三つ揃いのスーツを、虔弥は濡羽色の羽織袴の出で立ちだ。「そんなに良い物がたくさんあるなんて・・・・・兄貴の欲目なんじゃないの?俺が行った時は大したもん、出て来なかったぜ。」野毛の急坂を歩きながら、滝沢虔弥は兄の虔太に向かって疑い深そうに尋ねる。どうも虔弥は九条の家に...全文を読む

拍手お返事&陶磁器はコワイ・・・

拍手お返事&おまけ

2012.12.24 (Mon)

 今年~来年にかけてやけに旦那が結婚式に呼ばれております。ここ最近身内だけの式も多い中、1シーズンに3件ですからねぇ^^出費もありますが、こういうめでたい出費は大歓迎ですvで、結婚式につきものなのが『引き出物』ですが・・・・・あれに陶磁器のお皿を出すの、素人さんはやめといたほうがいいな、っていうものに今回出くわしてしまいました(>__...全文を読む

逃亡者櫻 人懐こい侵略者3

逃亡者櫻 Page1

2012.12.23 (Sun)

 太陽系標準時間23時間29分30秒後、13回目のワープがようやく終了し、櫻達はアンドロメダ大星雲025管区、恒星エイルから1光年の距離に到着した。「やっぱりエイルに纏わりついているのね、『地獄の帝王』は。」可視光モニターを見ながら櫻は呟く。そこには真っ黒い、雲のような物体が白く輝く恒星・エイルを包み込んでいる映像が映し出されていた。画像の質は可能な限り落としてあるが、実物がここまで近くにいる場合、画質を落とし...全文を読む

烏のがらくた箱~その百三十九・大掃除、手伝ってくれないだけならまだいいんですけど・・・

烏のがらくた箱

2012.12.22 (Sat)

 弟が大怪我をした去年とは打って変わり、今年の年末(28日まで)は比較的のんびりした年末を過ごしております^^さすがに普段よりはやることも多くてそこそこ忙しくはあるのですが、1~2日毎に弟が入院していた品川まで通い、父の介護もして自宅のこともやらなくてはならないというよりは全然楽♪なので今年の大掃除は去年とは打って変わって一箇所一箇所のんびり丁寧に行なっております。ただ、我が家の大掃除は旦那の手助けは全...全文を読む

夏虫~新選組異聞~ 第四章 第十一話 ささくれ・其の参

夏虫・第四章

2012.12.21 (Fri)

 しんしんと底冷えのする十二月の闇の中、御霊神社に入り込んだ沖田と小夜は身体を寄せ合いながら近況を語り合っていた。瀬田への出張以来逢うことができなかっただけに、話は尽きない。「・・・・・でね、土方さんったら私に年賀状の代筆をさせたまま大阪から帰ってこないんですよ。まったくひどいと思いませんか?しかも許嫁への年賀状はちゃっかり自分で書くんですから。だったら自分で全部書けばいいのに。」 ふくれっ面で愚痴...全文を読む

烏のまかない処~其の七十八・琺瑯の保存容器

烏のまかない処

2012.12.19 (Wed)

 ここ最近、無印良品の琺瑯保存容器にはまっております(*^_^*)扱いやすいのはプラスチックですが、どうきれいに洗っても色とか臭いが残っちゃったりするじゃないですか。それに対して琺瑯は電子レンジにそのまま入れることはできませんが、臭いも色も移りませんし、何より酸に強いv変質を気にして入れるものを考えなくて良いのが大雑把な私にはありがたいのです。さらにこんな感じで直火にもかけられるのも嬉しいかも^^鍋でも...全文を読む

鮫ヶ橋の女・其の参~天保四年十二月の悪女(★)

癸巳・秋冬の章

2012.12.18 (Tue)

 ―――――山田浅右衛門かその娘の首でお代は払ってもらおうか。 中年の男の硬く、長大な逸物に貫かれたまま、夕波は邪悪な笑みを浮かべた。饐えた臭いが漂う狭い部屋の中、男を喰らわんばかりにぺろり、と舌舐めずりするその舌はまるで蛇のように忌まわしい。他人の首を所望しながら笑みを浮かべるその毒気に中てられたのか、夕波の蜜壺を貪っていた男の腰が不意に止まった。「おや、不満なのかい?恨みも何も無い同心二人も殺してお...全文を読む

拍手お返事&投票率、納得いかない・・・(-_-;)

拍手お返事&おまけ

2012.12.18 (Tue)

 先日日曜日の総選挙、やっぱりというか案の定というか、自民党の大勝でしたね。各報道機関で色々分析をしていますので、専門的な事はそちらに任せ(笑)何となく納得行かないのが『戦後最低の得投票率』・・・・・ネットの世界で見る限り、皆さん投票に行っているみたいなのに。少なくとも私のオン友はみんな投票に行っているみたいでしたし、twitterでも待ち時間が長いとぼやいている呟きが多かったんですよね。私が思うに、ネッ...全文を読む

逃亡者櫻 人懐こい侵略者2

逃亡者櫻 Page1

2012.12.16 (Sun)

 時空航路が整備されていない外宇宙では、ワープを繰り返しながら目的地に向かうという原始的な方法での移動しか方法はない。アンドロメダ大星雲に近づけば恒星エイル行きの時空航路があるのだがそこまではひたすらワープの繰り返しだ。単調な作業に櫻もだんだん退屈してくる。「ジンジャー。あと何回くらいでエイルに到着するの?」何気ない櫻の質問だったが、それに答えたジンジャーの答えはとんでもないものだった。「本来でした...全文を読む

烏のがらくた箱~その百三十八・年末多忙期のスケジュールはこの方法で管理しております^^

烏のがらくた箱

2012.12.15 (Sat)

 年末年始、特に新しい年を迎える年末は何かと忙しいかと思われます。かく言う私も自宅だけなら大したことはないのですが、介護老人を抱えているものでそちらの準備もやらなくてはいけないという(>_...全文を読む

夏虫~新選組異聞~ 第四章 第十話 ささくれ・其の貳

夏虫・第四章

2012.12.14 (Fri)

 天狗党の乱が一段落し、壬生へ帰ってきた新選組を待っていたのは、大阪屯所の拡充とその資金集め、さらには大阪へ常駐させる隊士の人選であった。 ただでさえ挨拶回りや年末年始の準備に忙しい最中、できることなら年明け落ち着いてから大阪屯所の拡充に取り組みたいと思っていた幹部達だったが、過激攘夷派は一刻足りとも待ってはくれない。「・・・・・だからって、年賀状まで代筆させますかね。」 沖田は呆れ顔で隣で年賀状を...全文を読む

烏のまかない処~其の七十七・旦那のおみやげ

烏のまかない処

2012.12.12 (Wed)

 体調が悪い中、二泊三日の出張に行ってきた旦那からのおみやげは『神戸苺トリュフ』でございました^^中にフリーズドライらしき乾燥いちごが入っている、ホワイトチョコのお菓子なんですが、中のいちごが意外と酸味が強くって『大人のいちごみるく』、って感じですね~♪最初酸っぱさにちょっと驚きますが、やはり洋菓子の都・神戸のお菓子だな~と感心しました(*^_^*)ただ・・・・・私が頼んでいたのは京都の生八橋・夕子のみそ...全文を読む

鮫ヶ橋の女・其の貳~天保四年十二月の悪女(★)

癸巳・秋冬の章

2012.12.11 (Tue)

 いつになく寒い今年の師走、火鉢ひとつないあばら屋はすきま風と底冷えで凍えるようだ。だが、鮫ヶ橋ではそれさえ上等な部類に入る。ここにいる娼妓の殆どが夜鷹と呼ばれる最下級の遊女で、彼女らはこの寒空でも茣蓙を敷いて客を取らねばならないのだ。たった二畳の狭い部屋でも、屋根と壁がついているだけ遥かにましである。 そんな劣悪な切り見世で、夕波は胡座をかいている中年男にしなだれかかり、錆鼠色をした乱縞の着流しの...全文を読む

拍手お返事&高校生を蔑ろにする政党に未来はないっ!

拍手お返事&おまけ

2012.12.10 (Mon)

 twitterで流れていた情報なので本当なのかガセなのか定かで無いので、特定の名前は伏せさせていただきますが、現与党のある方が女子高生に演説の内容を質問された際、『君等に選挙権はないだろう。』と無碍にしたとか・・・・・。ここまでひどい話ではありませんが、私自身も高校生の時、自民党の候補者は高校生でも馬鹿にせず自党のチラシをくれたのに、当時の社会党(現社民党)の候補者は高校生と見るやもろシカト。勿論チラシ...全文を読む

逃亡者櫻 人懐こい侵略者1

逃亡者櫻 Page1

2012.12.09 (Sun)

 アンドロメダ大星雲025管区はいわゆる『辺境』である。それだけに戦闘となったら思いっきり攻撃をすることができるが、逆に返り討ちに遭う可能性も高くなる。『地獄の帝王』がどのような場所に出現したのか、どのような形態を取っているのか慎重に調べなければならない。「Master、アンドロメダ大星雲025管区の恒星エイルに物理的不審体発見。フル・ヴィジョン投影しますか?それとも二次元投影にしますか?」パプリカの問に櫻はち...全文を読む

烏のがらくた箱~その百三十七・『主婦のお休み』だったはずなのに・・・(T_T)

烏のがらくた箱

2012.12.08 (Sat)

 実は12/6~12/8の2泊3日、旦那は出張で8日の夕飯もいらない筈でした・・・・・この状況、子供のいない二人暮らしならば絶対に『主婦休業~v』となるはずだったんです。ええ、あくまでも『はず』・・・・・結局『主婦休業』は幻と化してしまったんです(T_T)そもそもの計算違いは出張前日の水曜日、旦那がノロウィルスと思われる症状で寝込んだところから始まりました。予定ではこの日に『まかない処』と『夏虫』の資料調べ&骨格を...全文を読む

夏虫~新選組異聞~ 第四章 第九話 ささくれ・其の壹

夏虫・第四章

2012.12.07 (Fri)

 天狗党討伐の為、瀬田へ出張せよ―――――会津藩から新選組に命令が下ったのは十二月一日であった。 天狗党とは筑波山で挙兵した水戸藩内外の尊皇攘夷派のことである。幕閣内の対立などから横浜鎖港が一向に実行されない事態に憤った首謀者の一人・藤田小四郎は、幕府に即時鎖港を要求するため北関東各地を遊説して軍用金を集め、元治元年三月二十七日筑波山に集結した六十二人の同志たちと共に挙兵した。一旦は藤田ら激派が主導権を...全文を読む

烏のまかない処~其の七十六・麺の好み

烏のまかない処

2012.12.05 (Wed)

 麺の硬さの好み、人によってかなり違うと思います。それは私達夫婦も同様で、二人の好みがかなり違うのでほとほと困っているのです(>_...全文を読む

鮫ヶ橋の女・其の壹~天保四年十二月の悪女

癸巳・秋冬の章

2012.12.04 (Tue)

 御事納めの上げ笊がからっ風にたなびく。天から降る財宝を受ける為の笊が江戸八百八町に現れる頃から、江戸の街は年末年始の準備に慌ただしくなる。師も走る月―――――それは身分を問わず平等にやって来るため、山田道場も例外なく忙しい。将軍家、御三家御三卿、そして高家への挨拶回りと何かと忙しい吉昌に代わり、高弟達を中心に大名家へ歳暮の挨拶回りに東奔西走するのだ。さらに奉行所や牢屋敷の役人たちも挨拶回りで忙しくなる...全文を読む

拍手お返事&この本の内容が日本の未来にならない事を祈りたい(>_<)

拍手お返事&おまけ

2012.12.04 (Tue)

 今日UPする『紅柊』の12月話のため鮫ヶ橋について書かれている本をちょっと読み始めたのですが、これがなかなかショッキングな内容でした(>__...全文を読む

拍手お返事&介護用品は通販に頼りきり

拍手お返事&おまけ

2012.12.03 (Mon)

 12月に突入し、今年も一ヶ月を切ってしまいましたよね~。東日本大震災があり不安の中で過ごした去年と違い、今年はやけに時間が早く過ぎ去っていったような気がします(^_^;)そして年の瀬になると新年に向けて新しいものを取り揃えなきゃならないので買い物が多くなります。近所のお店やせいぜい2~3駅離れたところで買い揃えることが出来れば問題ないのですが、首都圏であるはずのK県でも意外と無いものが多かったりするのです...全文を読む

逃亡者櫻 外宇宙の監視者4

逃亡者櫻 Page1

2012.12.02 (Sun)

 時空間通信を終えた櫻は二台のHOPCの方に振り返った。「ジンジャー、銀河系からアンドロメダ星雲にかけてのネットサーチをガンマーモードでお願い。パプリカはジンジャーのアシストと無人探査機を使った物理空間のサーチをしてちょうだい。」櫻はジンジャーとパプリカに指示を出す。「Yes,Master。」二台のHOPCは即座に櫻の命令に従い動き出した。ただ、普通のHOPCと違うのは彼らが動かすのは銀河系中央情報局のメインコンピュータ...全文を読む

烏のがらくた箱~その百三十六・スマホOSをアップデートしたら・・・

烏のがらくた箱

2012.12.01 (Sat)

 『近日中にAndroid OSがバージョンアップしますよ~』とお知らせがあってはや数ヶ月(というか、購入した当初から)、ようやく私のスマホもようやくバージョンアップの運びとなりました(*^_^*)バージョンアップといっても小さなスマホのこと、使えるアプリは多くなるものの性能そのものに劇的な変化は無いだろうと思い込んでいたのですが・・・・・舐めておりました(>__...全文を読む

前月     2012年12月       翌月

Menu

プロフィール

乾小路烏魅

Author:乾小路烏魅
幕末~明治を中心とした歴史小説ブログです。
ひと時の時間旅行、ご堪能くださいませv
角川twitter小説大賞優秀賞受賞

検索フォーム

カテゴリ